爆発的ヒット映画『ジョーカー』、ホアキン・フェニックスの即興演技が過激すぎて削除されたシーンがあった!「ただただ狂っていた」

ジョーカー

全米・日本を含む世界66カ国でNo.1を記録した『ジョーカー』。孤独だが心優しかった男が「悪のカリスマ=ジョーカー」に変貌していく衝撃のドラマを、アカデミー賞常連の実力派スタッフ・キャストで描くサスペンス・エンターテイメントで、衝撃的な内容に社会現象を巻き起こしている。そんな本作で監督が削除したシーンを明かした。

サンタバーバラ国際映画祭シネマ協会(SBIFF)によると、トッド・フィリップス監督は映画の中で最も記憶に残るシーンを説明したという。本編では、ホアキン・フェニックス演じるアーサーが冷蔵庫の中身をすべて出して、閉じこもるシーンが話題に。「あの意味はなんだったんだ?」という疑問を観客の多くが抱いたようだ。そんな冷蔵庫のシーンも実は、ホアキンの即興の演技だった。

今、有名になっているこの冷蔵庫のシーン以外に実は、ホアキンの即興演技が過激すぎて削除したシーンが2つほどあるとトッド監督は明かした。ホアキンとトッド監督はたまに撮影が早く終わった時に、2人で台本にない即興演技を行ったという。そしてその時間を「不眠症の研究」と名付けていたそうだ。トッド監督は「あの冷蔵庫のシーンはその中(「不眠症の研究」)の1つ。他にもアドリブのシーンが2、3あったんだけど削除したんだ。1つはバスタブのシーンで、驚くほど素晴らしかったけど、R指定に引っかかると思った。別にポルノがあったわけではなく、ただただ狂っていたんだ」と当時を振り返った。

アーサー(ジョーカー)を演じたホアキン・フェニックスは各方面から高評価を受け、オスカー候補間違いないとまで言われている。過激なシーンも登場した本作は、現在日本で絶賛公開中だ。

ジョーカー

世界興収900億円超えで、R指定映画No.1を更新!『ジョーカー』4週連続No.1で、17年ぶりの快挙

2019年10月29日

高い満足度と衝撃の内容が話題の『ジョーカー』、公開から12日間で早くも興行収入20億円突破!

2019年10月17日
映画『ジョーカー』より

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、 役作りはあの“アノ”笑い方からスタート! 「ビデオを鑑賞し徹底研究したんだ」

2019年10月10日
『ジョーカー』

アカデミー衣裳デザイン賞を2度受賞したデザイナーが映画『ジョーカー』を作り上げるのに意識したこととは? 「ジョーカーは安っぽくて中古品のようなルックス」

2019年10月8日
ジョーカー

[ネタバレ注意]ホアキン・フェニックス、高評価を受けている映画『ジョーカー』のお気に入りの“ラスト”について明かす「答えは視聴者の中にある」

2019年10月8日