映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、 役作りはあの“アノ”笑い方からスタート! 「ビデオを鑑賞し徹底研究したんだ」

映画『ジョーカー』より
映画『ジョーカー』より

世界で爆発的ヒットし、日本でも絶賛公開中の映画『ジョーカー』。DCコミックスの「バットマン」の宿敵であるジョーカーの誕生秘話を描いた本作で、これまで有名俳優たちに演じられてきたジョーカーという役をホアキン・フェニックスが新たに好演。作品の過激な描写に賛否両論が繰り広げられる中、彼の迫力のある演技は現在、オスカー確実とも言われているほど多方面から高評価を得ている。そんなホアキン・フェニックスがジョーカーを作り出した秘話を語った。

Digital Spy.comによると、ホアキン・フェニックスはジョーカーの役作りを「 “アノ”笑い方から始めたんだ」とコメント。さらにあの独特で病的な笑い方が、ジョーカーへと変貌していく心優しいアーサー・フレックのキャラクターの構築に役立ったという。

本作でアーサーは、緊張すると笑いが止まらなくなってしまう病にかかっている。ホアキンは、病理学的な笑いを徹底研究することから役作りをスタートさせたようだ。まずホアキンは、病理的に笑ってしまうことに苦しんでいる人のビデオを鑑賞し、笑うことが自分では制御できない様子を徹底的に観察したのだとか。

本作や予告編を観た人は、ホアキン演じるジョーカーが病的に笑っているシーンが印象に残っていることだろう。この狂気に満ちた笑いは、まさにジョーカーというキャラクターにピッタリだ。

映画『ジョーカー』予告編

映画『ジョーカー』は10月4日に日米で同時公開。第76回ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞受賞。全米、日本を含む世界66カ国でNo.1を記録し、高い満足度と衝撃の内容に、早くも映画の枠を超えた社会現象を巻き起こしている。

『ジョーカー』

アカデミー衣裳デザイン賞を2度受賞したデザイナーが映画『ジョーカー』を作り上げるのに意識したこととは? 「ジョーカーは安っぽくて中古品のようなルックス」

2019年10月8日
ジョーカー

[ネタバレ注意]ホアキン・フェニックス、高評価を受けている映画『ジョーカー』のお気に入りの“ラスト”について明かす「答えは視聴者の中にある」

2019年10月8日
マーク・ハミル

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックスを、アニメ&ゲーム版の“ジョーカー”、マーク・ハミルが大絶賛!「これまで見たことがない見事なキャラクターだ」

2019年10月7日
『ジョーカー』

銃社会を重要視するマイケル・ムーア監督、映画『ジョーカー』を大絶賛! 「この物語が提起する問題は非常に深く、我々に必要」

2019年10月7日
ホアキン・フェニックス

ホアキン・フェニックス、新作『ジョーカー』の役作りのため約24キロ減量! 病的なほど体重に執着していた

2019年10月1日