傑作ブロードウェイ・ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』が映画化! 『クレイジー・リッチ!』監督がメガホンを取る

イン・ザ・ハイツ

最優秀作品賞を含むトニー賞4冠とグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞、ミュージカル界にセンセーションを巻き起こし映像化が待ち望まれていた傑作ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』(原題:In the Heights)の映画化が決定し、2020年夏に日本公開される。(配給:ワーナー・ブラザース映画)

本作は、ピューリッツアー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞するなど今やミュージカル界のみならずエンターテイメント業界にその名を轟かす「ハミルトン」のリン=マニュエル・ミランダの同名ミュージカルが原作。

作詞・作曲家、脚本家、俳優、ラッパーと多才ぶりを発揮するミランダの天才ぶりと人気を世界に認めさせたのは、NY、ロンドンをはじめ「世界中で最もチケットが取れないミュージカル」と異例の人気で社会現象を巻き起こしているブロードウェイ・ミュージカル「ハミルトン」。トニー賞最優秀作品賞をはじめ11部門を受賞、そのあまりのクオリティの高さと楽曲の鮮烈さに世界中から観客が押し寄せている。

そんな彼の処女作にして、トニー賞で作品賞と楽曲賞を含む4部門を受賞(13部門ノミネート)、国内外で高い評価を受け、彼の類まれな才能を決定づけた「イン・ザ・ハイツ」は、映像化がずっと望まれながらも実現することのなかった傑作ミュージカル。映画化権争奪の末、いよいよ待望の映画化となった。

ディズニーアニメーション『モアナと伝説の海』でラップを含む映画音楽の作詞・作曲を手掛けたリン=マニュエル・ミランダだが、自身の宝物ともいえる『イン・ザ・ハイツ』への力の入れようは別格。原案のみならず製作、作詞・作曲でも全力を注ぐ本作では、主要キャストにアジア系俳優のみを起用し全米3週連続No.1、さらには世界中で大ヒットという映画史に残る偉業を成し遂げた『クレイジー・リッチ!』(18)のジョン・M・チュウ監督とタッグを組む。まさに今一番注目されるヒットメーカーの2人が、ミュージカル史上最高にダイナミックで情熱的なミュージカルで世界に新しい旋風を巻き起こす。

キャストには『アリー/スター誕生』(18)のアンソニー・ラモス、『キングコング:髑髏島の巨神』(17)『ブラック・クランズマン』(18)のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライター/歌手のレスリー・グレースが集結し、新たな傑作ミュージカル映画を贈りだす。今回解禁された予告編映像は、夢が集う場所NYを舞台に、ラテンのリズムと躍動感あるヒップホップの詞、建物の外壁で垂直に踊るアッと驚くダンスシーンや、人々が一斉にプールや路上でダンスする躍動感あふれるダンスシーンが満載。


夢をあきらめないすべての人達の背中を推す力強いメッセージが観客に勇気を呼び起こす――。

変わりゆくNYの一角にある″ワシントンハイツ“に住むウスナビ(アンソニー・ラモス)は、今は何も取り柄が無い自分も「いつかは有名になってやる」という夢を抱えているが、直面するのはNYの厳しい現実。でもやっと見つけたチャンスを諦めたりつらい現実から逃げたりせずに、自分を信じ続けて夢を掴むための一歩を踏み出そうとする。歌の盛り上がりともに「今こそ、音楽で、夢に、踏み出そう!」というメッセージに心が沸き立つ、夏にぴったりの躍動感ある歌とダンスに溢れる本作を、ぜひとも大きなスクリーンで体感してほしい。

イン・ザ・ハイツ

2020年 夏 全国ロードショー!
配給:ワーナー・ブラザース映画

■監督:ジョン・M・チュウ
■製作:リン=マニュエル・ミランダ
■出演:アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレース、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ジミー・スミッツ
■全米公開:2020年6月26日
■原題:In the Heights
■製作国:アメリカ
#インザハイツ

『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』

ダコタ・ジョンソン、シャイア・ラブーフらが旅人に!”この10年で最も愛すべき映画”『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』の場面写真が公開

2019年12月16日
JUMANJI: THE NEXT LEVEL

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』 ロック様、絶体絶命な本編映像解禁が解禁! 時速70キロのダチョウの大群に襲われる?

2019年12月16日
『テッド・バンディ』肉体美スチール

ザック・エフロン、鍛え抜いた体を披露! 映画『テッド・バンディ』スチールが解禁

2019年12月16日
マレフィセント2

『マレフィセント2』2/5(水)MovieNEX発売決定!新たな予告編解禁!ボーナス映像の内容も明らかに

2019年12月16日

「スター・ウォーズ」ジョン・ボイエガ、共演者ケリー・マリー・トランを批判!? これに関しボイエガ本人が釈明・謝罪

2019年12月14日
tvgrooveをフォロー!