ジャスティン・ビーバーの妻ヘイリー、テイラー・スウィフト出演の「キャッツ」をべた褒め! 「宇宙からの贈り物」

左からテイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ビーバー

今年に入り敵対しているジャスティン・ビーバーテイラー・スウィフト。だがジャスティンの妻ヘイリー・ビーバーが、テイラーも出演しているミュージカル映画「キャッツ」を大絶賛し注目を集めている。

テイラー・スウィフトもキャストとして出演しているミュージカル映画「キャッツ」はアメリカで12月20日に公開(日本では2020年1月24日公開)。ヘイリー・ビーバーはこれをひと足早く見たようで、12月18日に彼女はインスタグラムのストーリーを更新。そこには「宇宙から私へのクリスマスプレゼントは『キャッツ』の公開」と書き、大絶賛した。

またヘイリーは「キャッツ」の楽曲「Memory」を聞いているスクリーンショットも投稿。同作にはテイラーの他にイドリス・エルバ、ジュディ・デンチ、レベル・ウィルソン、ジェームズ・コーデン、ジェニファー・ハドソンなど超豪華キャストが揃っている。

このヘイリーの絶賛コメントは、テイラーとジャスティン・ビーバーのいざこざを知っている人にとっては少々驚きの展開だ。

テイラーは今年6月、デビューから去年まで所属していた、レコード・レーベル「ビッグ・マシーン・レコード」が、ジャスティン・ビーバーなどを手掛ける敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンに約300億円で買収されたことがニュースに。これを知ったテイラーは、スクーターが自分のことをイジめてきたこと、そんな彼に自身の過去の楽曲の権利を奪われてしまうことにショックを受け、また「ビッグ・マシーン・レコード」に楽曲の権利を持たせてもらうことができなかったことをSNS上で書きつづった。

この件でジャスティンはテイラーに和解の手を差し伸べるなどしたが、結局、彼はスクーター側の人間であり、実質テイラーとジャスティンは敵対していることになる。しかしジャスティンの妻であるヘイリーはこういったいざこざに関係なく、いいものはいいと発言したようだ。

テイラー・スウィフト、版権バトルを乗り越えついに「アメリカン・ミュージック・アワード」でパフォーマンスを披露! 過去作含む豪華メドレーで宿敵スクーター・ブラウンへメッセージ!?[動画あり]

2019年11月26日

スクーター・ブラウン、テイラー・スウィフトとの騒動に初めてコメント! 「僕が悪者になっているけど、参加するつもりはない」

2019年11月23日

助けを求めるテイラー・スウィフトに著名な友人らが続々サポート! “敵側”ジャスティン・ビーバーも意味深コメント

2019年11月16日

セレーナ・ゴメス、助けを求めるテイラー・スウィフトを完全擁護! 「それは強欲さ、巧妙な操作、権力です」と訴える[写真あり]

2019年11月16日

ジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフトに謝罪した本当の意味とは? 関係者が真相を語る

2019年7月4日
tvgrooveをフォロー!