助けを求めるテイラー・スウィフトに著名な友人らが続々サポート! “敵側”ジャスティン・ビーバーも意味深コメント

テイラー・スウィフト(左)、ジャスティン・ビーバー

以前所属していたレーベルを買収され、自分の過去の楽曲の権利を奪われてしまった歌手のテイラー・スウィフト。昨日「自分の曲をTVで歌うなと言われた」と告白し、ファンに助けを求めた彼女だが、さっそく彼女の友人たちや同業者たちから応援のコメントが届いている。

今年6月、ジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデなど超人気アーティストをてがけている敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンの会社「イサカ・ホールディングス」は、テイラーが昨年まで所属していた音楽レーベル「ビッグ・マシーン・レコード」を買収。彼女の楽曲の原盤権が同社にあるため、実質彼女の過去の楽曲の権利がスクーターのものとなった。テイラーはこれまでスクーターに長年いじめられてきたことをネット上に書きつづり、そんな彼に権利を奪われてしまうことの悲しさを訴えかけた。

実質、テイラーは自分が過去に作曲しリリースした楽曲を自由に使えないというなんとも不公平な立場になってしまったのだ。

そんな中テイラーは11月14日、インスタグラムのストーリーにて長文メッセージを投稿。テイラーは「2019 アメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)」にて「10年のアーティスト」として祝われる予定であり、そこで過去の楽曲を含むメドレーを披露する予定だったが、楽曲の権利を所有するスクーターが「パフォーマンスはしてはいけない」とテイラーに指示したという。テイラーは、この件についてファンに助けも求めている。

「みんなへ。最近、私が、AMAsにて『10年のアーティスト』として祝われることが発表されました。授賞式で私は、この10年のメドレーパフォーマンスする予定でした。スコット・ボーチェッタ(ビッグ・マシーン・レコード社長)とスクーター・ブラウンは今になり、私はTVで過去の楽曲を演奏してはいけないと言ってきました。なぜなら私がパフォーマンスをすると、再レコーディングするのと同じことになってしまい、それは来年の11月まで禁止されているからです」

「さらに、こんな形で発表する予定では無かったけど、私のここ数年の人生をNETFLIXがドキュメンタリーとして制作していました。スコットとスクーターはこの作品の中でも私の楽曲とパフォーマンス映像を使うことを拒否しました。彼らの名前やビッグ・マシーン・レコードの名前は一切使っていないにもかかわらず」

「スコット・ボーチェッタとスクーター・ブラウンに、この件についてあなたが感じていることを伝えてください。スクーターはたくさんのアーティストを抱えていて、そのアーティストの中には他のミュージシャンのことを本当に気にかけている人もいます。そんなアーティストにもファンから助けを求めてほしいです」

これをみたテイラーの友人や、歌手たちがテイラーへ向けて応援のメッセージ。なんと、スクーター・ブラウン側であるジャスティン・ビーバーも、テイラーの肩をもつかのようなメッセージを出したのだ。スクーターは長年にわたるジャスティンのマネージャーだけに、これは意外な行動だといえる。

View this post on Instagram

Hey Taylor. First of all i would like to apologize for posting that hurtful instagram post, at the time i thought it was funny but looking back it was distasteful and insensitive.. I have to be honest though it was my caption and post that I screenshoted of scooter and Kanye that said “taylor swift what up” he didnt have anything to do with it and it wasnt even a part of the conversation in all actuality he was the person who told me not to joke like that.. Scooter has had your back since the days you graciously let me open up for you.! As the years have passed we haven’t crossed paths and gotten to communicate our differences, hurts or frustrations. So for you to take it to social media and get people to hate on scooter isn’t fair. What were you trying to accomplish by posting that blog? seems to me like it was to get sympathy u also knew that in posting that your fans would go and bully scooter. Anyway, One thing i know is both scooter and i love you. I feel like the only way to resolve conflict is through communication. So banter back and fourth online i dont believe solves anything. I’m sure Scooter and i would love to talk to you and resolve any conflict, pain or or any feelings that need to be addressed. Neither scooter or i have anything negative to say about you we truly want the best for you. I usually don’t rebuttal things like this but when you try and deface someone i loves character thats crossing a line..

A post shared by Justin Bieber (@justinbieber) on

ジャスティン・ビーバー

ジャスティンはテイラーが長文メッセージを出した後、インスタグラムのストーリーにて「大変な一日を過ごしてる。ひとりじゃないよ。がんばり続けて」と投稿。テイラーやスクーターの名前などは出していないが、テイラーに向けての応援メッセージともとらえることができる・・・?

カミラ・カベロ

テイラーのツアーでオープニングアクトも務めた歌手のカミラ・カベロは「何が起こっているかよくわからないけど、私はアーティストが自分のライフワークを自分で所有すべきだと心から思ってる」とテイラーを擁護した。

ジジ・ハディッド

テイラーの仲のいい友人でありモデルのジジ・ハディッドは「スコットとスクーター、何が正しい行動かわかってるよね。テイラーと彼女のファンは音楽を祝福する権利がある!」と直接的に名指しでコメントをしている。

ホールジー

以前よりテイラーの味方をしていた歌手のホールジーは「業界の最低な映画を見ているだけじゃなく、これ(スクーターの行動)は単なる嫌がらせ。これは罰。彼らは、みんながテイラーのために立ち上がらないと妄想している。テイラーが単にオーバーリアクションだと世間が思うと思っている。あなたたちは間違ってるよ」

ルビー・ローズ

オーストラリア出身の歌手&モデルであるルビー・ローズは、テイラーの長文メッセージの横に「これはダメ・・・」とコメントを投稿している。

テイラー・スウィフト、自分の曲の権利奪われ、パフォーマンス&ドキュメンタリーで曲が使用禁止に! 激怒のメッセージを投稿、ファンに助け求める[全文訳あり]

2019年11月15日

ジジ・ハディッド、ちょっとしたお出かけファッションをけなされ激怒! 「ちょっと落ち着いてよ!」

2019年11月14日

テイラー・スウィフトともめている、渦中のスクーター・ブラウンのインタビューが公開! 「テイラーは優しかった」

2019年7月26日

テイラー・スウィフト、コンサートで宿敵スクーター・ブラウンを公開バッシング!? …「ウソつき」「汚い人間」[パフォーマンス動画あり]

2019年7月11日

テイラー・スウィフトと対立中の敏腕マネージャー、スクーター・ブラウン、戦争ビジネスに投資している会社と関係か

2019年7月3日

ジャスティン・ビーバー、過去に嫌がらせコメントをしたテイラー・スウィフトへの謝罪文を投稿するも炎上! その理由とは

2019年7月1日