テイラー・スウィフトと対立中の敏腕マネージャー、スクーター・ブラウン、戦争ビジネスに投資している会社と関係か

テイラー・スウィフトとスクーター・ブラウン

テイラー・スウィフトが去年まで所属していたレコード会社を買収したタレントマネージャーのスクーター・ブラウン。この買収でテイラーを激怒させ、批判・論争のの真っ只中にいる彼だが、彼が経営する会社がイエメン共和国の戦争に投資をしている会社と関係しているとの報道が出た。

ジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデなど人気アーティストたちを抱える敏腕マネージャーとして知られるスクーター・ブラウンは先日、レコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」を買収したことを発表。しかし、過去に同レコード会社に所属していたテイラー・スウィフトは、レコード会社に自分が不利になるような扱いを受けたこと、またスクーターやジャスティン、カニエ・ウェストに長年嫌がらせを受けてきたこと、そんな彼に自分の過去の作品の原盤の権利を握られることに憤りを感じていることを長文でSNSに書きつづった。

Perezhiltonによると、スクーター・ブラウンが経営する会社イサカ・ホールディングスはビッグ・マシーン・レコードを3億ドル(約330億円)で買収したのだが、その買収資金の一部は米投資ファンドの「カーライル・グループ」からも拠出されている可能性があるという。このカーライル・グループはスクーターの会社の株式も少し所持している。

カーライル・グループは投資会社であるため様々な企業に投資をしているのだが、その投資先の一つは民間軍事会社であるという。この民間軍事会社はサウジアラビアで軍用飛行機などを作っており、現在この軍用機はイエメン共和国に爆弾を落としているという。

カーライル・グループはここ最近、イエメン共和国で起きている戦争に投資していること、それによって多くの罪なきイエメン国民が命を落としていることで大きな批判を受けている会社。戦争ビジネスで巨額を儲けていると言われている。

問題は、スクーターがこのカーライル・グループによって用意された金でビッグ・マシーン・レコードを買収したと言われていることだ。一部のツイッターユーザーが過去の記事などをリサーチし、スクーターの会社とカーライル・グループがつながっているという証拠記事をSNSで拡散している。

テイラーは昨年、デビュー当時から所属していた音楽レーベル、ビッグ・マシーン・レコードとの契約を解除し、現在は「リパブリック・レコード」と契約。今回スクーターがビッグ・マシーン・レコードを買収したことにより、テイラーがこれまで作った過去のアルバムの原盤の権利が実質的にスクーターのものになった。

これに対しテイラーは、「長年スクーターによって操作された絶え間ないイジメを受けました。キム・カーダシアンが、違法に録音した電話の内容をリークしたとき、スクーターはふたりのクライアント(ジャスティン・ビーバーとカニエ・ウェスト)を使って、オンライン上で私のことをいじめたんです。さらに彼のクライアントであるカニエ・ウェストは、私を裸にして、リベンジポルノのミュージックビデオ(『フェイマス』のMV)を作ったのです」と、憤りを隠さずSNSに投稿し、議論を呼んでいる。

テイラー・スウィフト、ビートルズなどアーティストが自分の曲の権利を持つのはなぜ難しいのか? 多くのアーティストを苦しめる落とし穴とは

2019年7月2日

テイラー・スウィフトが過去に所属していたレコード会社買収についての賛否でセレブ界が真っ二つに! テイラー側、スクーター・ブラウン側のアーティストまとめ

2019年7月2日

テイラー・スウィフトの過去レーベルを買収したスクーター・ブラウン、テイラーのリアクションに「ショック」! 「話そう」とオファーするも、彼女の反応は・・・?

2019年7月2日

テイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバーがセレーナ・ゴメスと交際時浮気していたというファンの投稿に「いいね」! ジャスティンの浮気を認めたと話題に

2019年7月2日

アリアナ・グランデ、自身のマネージャーによるレコード会社買収により、難しい立場に立たされる! 友人テイラー・スウィフトはサポートしてあげたいけど・・

2019年7月1日

ジャスティン・ビーバー、過去に嫌がらせコメントをしたテイラー・スウィフトへの謝罪文を投稿するも炎上! その理由とは

2019年7月1日