テイラー・スウィフトの過去レーベルを買収したスクーター・ブラウン、テイラーのリアクションに「ショック」! 「話そう」とオファーするも、彼女の反応は・・・?

テイラー・スウィフトとスクーター・ブラウン

歌手のテイラー・スウィフト(29)が過去に所属していた音楽レーベルを、ジャスティン・ビーバーなどのマネージャーを務めているスクーター・ブラウン(38)が買収。これに対し「最悪のシナリオ」と激怒しているテイラー・スウィフトだが、スクーター・ブラウン本人がこれにショックを受け、「プライベートで話そう」と連絡を入れたという。

ジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデなど人気アーティストたちを抱える敏腕マネージャーとして知られるスクーター・ブラウンは、レコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」を買収したことを発表。しかし、過去に同レコード会社に所属していたテイラー・スウィフトは、レコード会社に自分が不利になるような扱いを受けたこと、またスクーターにジャスティンやカニエ・ウェストと共に長年嫌がらせを受けてきたこと、そんな彼に自分の過去の作品の原盤の権利を握られることに憤りを感じていることを長文で書きつづった。

この一連のバトルはSNS上で繰り広げられており、現時点でスクーター本人からコメントや声明は出ていない。しかし関係者によるとスクーターはテイラーへ連絡を入れたという。

関係者はスクーターが共通の友人を介しテイラーに「プライベートで話したい」と連絡を取ろうとしたが、テイラーはまだ返事をしていないと明かした。さらに、スクーターは今回の件に関するテイラーのリアクションにショックを受けており、このいざこざをすべてクリアにすることを“熱望”しているという。

テイラーは昨年、デビュー当時から所属していた音楽レーベル、ビッグ・マシーン・レコードとの契約を解除し、現在は「リパブリック・レコード」と契約。今回スクーターがビッグ・マシーン・レコードを買収したことにより、テイラーがこれまで作った過去のアルバムの原盤の権利が実質的にスクーターのものになった。

これに対しテイラーは、「長年スクーターによって操作された絶え間ないイジメを受けました。キム・カーダシアンが、違法に録音した電話の内容をリークしたとき、スクーターはふたりのクライアント(ジャスティン・ビーバーとカニエ・ウェスト)を使って、オンライン上で私のことをいじめたんです。さらに彼のクライアントであるカニエ・ウェストは、私を裸にして、リベンジポルノのミュージックビデオ(『フェイマス』のMV)を作ったのです」と、憤りを隠さずSNSに投稿し、議論を呼んでいる。

アリアナ・グランデ、自身のマネージャーによるレコード会社買収により、難しい立場に立たされる! 友人テイラー・スウィフトはサポートしてあげたいけど・・

2019年7月1日

ジャスティン・ビーバー、過去に嫌がらせコメントをしたテイラー・スウィフトへの謝罪文を投稿するも炎上! その理由とは

2019年7月1日

テイラー・スウィフト、過去に所属したレコード会社を買収したスクーター・ブラウンを痛烈批判し長文を投稿! 「ずっと私をいじめてきた」「最悪の悪夢」

2019年7月1日

ジャスティン・ビーバー、妻ヘイリーとのラブラブセルフィーを公開!超ロマンチックなラブレターに思わず胸キュン[写真あり]

2019年7月1日

ジャスティン・ビーバー、新作Tシャツはギャグ!? あの有名女優の顔をプリント[写真あり]

2019年6月28日