『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最強悪役のラミ・マレック、役作りは『ボヘミアン・ラプソディ』から影響を受けたと明かす!「マーキュリーからの教訓だ」

Rami Malek at the Go Campaign's 13th Annual Go Gala at NeueHouse Hollywood on November 16, 2019 in Los Angeles, California. Photograph: © Joe Sutter/PacificCoastNews. Los Angeles Office (PCN): +1 310.822.0419 UK Office (Avalon): +44 (0) 20 7421 6000 sales@pacificcoastnews.com Where: Hollywood, California, United States When: 16 Nov 2019 Credit: WENN/Avalon **WENN/Avalon**

全世界待望の「007」シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から実に5年ぶり最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。本作では、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞するだけでなく、第77回 ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で主演男優賞にノミネートされたラミ・マレックが演じる "シリーズ史上一番ヤバイ敵"の存在も話題となっている。そんな中、ラミ・マレックが悪役を演じるときに影響したことについて語った。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』予告

ラミ・マレックは、「もし僕が、誰かをカーボンコピーしたかのように演じたら、きっと誰でも楽しめるだろう? これはきっと、フレディー・マーキュリー氏から学んだ教訓かもしれない」とコメント。続けて「僕のお気に入りから、いくつか(の演技)を取り入れているよ。でも、僕は毎日キャラクターに意味を吹き込むように努力している。だからきっとショッキングで不安を感じさせる役になっているかも」と、以前『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディーを演じたことに影響されつつも、今回の悪役がどのように作られたのかを語った。

これまでラミが演じる悪役の名前は明かされていなかったが、現在は名前が「Safin(サフィン)」であることが判明している。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 』は、現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していたボンドのもとに、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことからストーリーが展開していく。2020年4月10日(金)から全国公開。

NO TIME TO DIE

ダニエル・クレイグ 最後!?のボンド&ラミ・マレック演じるシリーズ史上“最も危険な悪役”が話題!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本版予告編が解禁

2019年12月5日

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックの悪役姿が初公開! 「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」ポスターが解禁[写真あり]

2019年12月4日

「ロケットマン」タロン・エジャトン、「あなたは生歌だけど『ボヘミアン・ラプソディ』で口パクだったラミ・マレックをどう思う?」と聞かれた時の回答が話題に[動画あり]

2019年11月18日

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックの長~い下積みからブレイクまでの軌跡を徹底分析! 米では「ミスター・ロボット」最終シーズン放送開始

2019年10月7日

「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック&ルーシー・ボイントン、映画祭で超ラブラブ姿を披露! 貴重な2ショットで登場[写真あり]

2019年9月2日