過去にライム病を発症したアヴリル・ラヴィーン、ジャスティン・ビーバーや同じ病気を患った全ての人への力強いメッセージを送る! 「希望があることを伝えたい」

ジャスティン・ビーバーと、アヴリル・ラヴィーン

カナダ出身の人気シンガーのアヴリル・ラヴィーン(35)が、ライム病を告白した人気歌手のジャスティン・ビーバー(25)や、同じ病気を患ったすべての人へ、克服した身として力強いメッセージを送った。

1月9日、ジャスティン・ビーバーは自身のインスタグラムで、ライム病を患っていることを告白した。

ライム病とは野ネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニに媒介されるスピロヘータの一種、ボレリアの感染によって引き起こされる人獣共通感染症だ。一般的な症状は、発熱、咽頭痛、リンパ節腫脹の三徴を特徴とする。1970年代以降、アメリカ北東部を中心に流行が続いているという。通常は抗生物質治療を行うが、治療を終了しても、半年以上痛みに悩まされ、疲労や思考の混乱さえ生じてしまったりと、1~2割の患者が後遺症が残ってしまうという。ジャスティンの場合後遺症が残ってしまったという。

ジャスティンはインスタグラムで

「多くの人がジャスティン・ビーバーは見た目が最悪で、メス(ドラッグ)をやっているとか言っていたけど、ぼくが最近ライム病と診断されたということには気づかなかった。それだけではなく深刻な慢性的伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう)もあって、肌や脳機能、体力、健康全体に影響を及ぼしていたんだ。これに関する詳細は、もうすぐYouTubeで公開するドキュメンタリーシリーズでさらに明らかになるよ。ぼくが闘病している姿、そして克服する姿全部が見られるんだ!ここ数年は大変な年だったけど、正しい治療を受けていて、今はまだ完治しないこの病気の対処をしている。これまでよりも良い自分で帰ってくるよ。大げさじゃないからね」

と書きつづった。

そんな中、同じく過去にライム病を患い生死をさまよった経験がある歌手のアヴリル・ラヴィーンが、ジャスティンにエールを送った。

アヴリルも2014年にライム病を発症し、治療に専念するために音楽活動を休止。まるで自分が死んでいると感じるほどつらかった闘病生活についても明かしている。

アヴリルは

「今日、ジャスティン・ビーバーがライム病を患っていることを告白しました。この体を衰弱させてしまう病気を患っている人は本当にたくさんいるんです!私が愛する大切な人々、そして多くの友人たちやファンたちでもこの病気に苦しんでいます。ライム病を患ってしまったすべての人へ、そこには希望があることを伝えたいです。なぜならライム病は毎日が葛藤で、私は闘病していた2年間、本当に具合が悪く、自分の人生をかけて闘っていました。楽曲『Head Above Water』を書くことが、私の最悪な時間を乗り越えるための手助けとなりました。でもツラい日は繰り返し来ては去っていきました。あの時はアルバムを制作することで私の人生は救われました。人々に私の経験をシェアし、そのストーリーを伝える必要がありました。ライム病は南極大陸をのぞき、アメリカの50の州、そしてすべての国で発症しているのです。世界的に流行っている病気であるものの、国際的な優先事項ではありません。私が経験した苦しみを他の人には決して経験してほしくありません。そのために人生を変えてしまうおそろしい病気を根絶するため、役立つ知識を与え、資金を集めることが私の使命なのです。『Head Above Waterツアー』の残りの全ての公演の収益とグッズの収益の一部は、引き続きライム病への資金にまわされます。私はこれからも闘い続け支援し続けます!」

と力強く書きつづった。

View this post on Instagram

Today @JustinBieber shared that he has Lyme disease. There are too many people that have this debilitating disease! People I love and care about and many friends and fans I have crossed paths with. To everyone affected by Lyme, I want to tell you that there is HOPE. Because Lyme is a daily struggle, for the better part of two years, I was really sick and fighting for my life. Writing #HeadAboveWater helped me get through the worst of it, but the bad days still come and go. At the time, putting together my album saved my life. I needed to tell my story and to be able to share my experiences with others. Lyme disease is in all 50 states in the US and in EVERY country in the world, except Antarctica. It is a global pandemic but NOT a global priority. I never want others to suffer the way that I did, and because of that it is now my mission to raise awareness & funds that will help eradicate this life-altering disease. Portions of proceeds from every show on the rest of the #HeadAboveWater tour and merch sales will continue to go directly to Lyme disease. I will continue to fight and to support! @TheAvrilLavigneFoundation supports people with Lyme Disease, serious illness or disabilities. We raise awareness and aid PREVENTION of the Lyme epidemic. We impact the lives of individuals and families affected by Lyme Disease through TREATMENT grants administered by our charitable partners; and we’ve aligned with @globallymealliance to accelerate scientific research. Please, JOIN US as we endeavor to educate people, prevent the spread of Lyme and find a cure. Our initiatives enable us to provide HOPE and expand the number of lives we’re able to transform. TOGETHER we can do this. #FightLyme #LymeIsReal #TheAvrilLavigneFoundation

A post shared by Avril Lavigne (@avrillavigne) on

アヴリルの言葉に、ジャスティンの妻のヘイリー・ビーバーは「アヴリルへたくさんの愛を送っています。ライム病について人々に教えてくれて本当に感謝しています。あなたはすばらしい人です」とツイートした。

ジャスティン・ビーバーと「1D」ナイル・ホーラン、インスタグラムの生配信でやりとりを披露! ふたりのコミカルなやりとりにファンも爆笑[動画あり]

2020年1月9日

ジャスティン・ビーバー、ツアーが終わったらヘイリー・ビーバーと子作りすることを宣言! その後の音楽活動はどうなる…?[動画あり]

2020年1月9日

ジャスティン・ビーバーがライム病を告白 「僕の肌や脳に影響していました」

2020年1月9日

ジャスティン・ビーバー、なんとアヴリル・ラヴィーンとライアン・ゴズリングと遠い親戚だったことが発覚し大興奮! 「人生で最高の日!」

2019年9月2日
アヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーン 5年ぶり来日! 壮絶な闘病中に書いた新曲披露に涙するファンも[イベントレポート 写真・動画あり]

2019年3月28日