ルイス・キャパルディ、グラミー賞授賞式で「一般人」だと勘違いされていた! 「座っていたら席をどかされそうに…(笑)」

ルイス・キャパルディ

先日行われた音楽の祭典「第62回グラミー賞」で、主要部門のひとつ「年間最優秀楽曲賞」にノミネートを果たした人気歌手のルイス・キャパルディ(23)が、なんとグラミー賞授賞式で“一般人”だと勘違いされるハプニングが起きていたことがわかった。

ルイス・キャパルディといえば、楽曲「サムワン・ユー・ラヴド」が全英・全米シングル・チャートで1位を獲得するほどの大ヒットを果たし一躍有名に。またデビュー・アルバム「ディヴァインリー・アンインスパイアード・トゥ・ア・ヘリッシュ・エクステント」も全英アルバム・チャート6週1位を獲得したほどの大人気ぶりだ。

そんなルイスだが、その飾らない見た目からか、一般人だと勘違いされてしまったようだ。

ルイスはツイッターで「グラミー賞授賞式で一人の女性がやってきて、ぼくに席を譲ってほしいと言ってきたんだ。なぜなら彼女は、ぼくがセレブたちがトイレへ行ったときの、席を埋めるためのスタッフの一人だと思っていたからなんだよ(笑)」と、爆笑エピソードをツイートしたのだ。

グラミー賞など各アワードでは、空席ができないように、席を埋めるための係が存在しているのだが、ルイスはそのスタッフだと勘違いされてしまったのだ。

ルイスのこのツイートにネットユーザーたちは「かわいそうなルイス」「でもウケる」「スニーカー履いてグラミーに参加するとそうなるんだよ」「そういう時は『サムワン・ユー・ラヴド』を歌い出して気づかせてやれ!」と、コメントしている。

カミラ・カベロ&ショーン・メンデスが「ワン・ダイレクション」を熱唱! グラミー賞のアフターパーティーではっちゃける[動画あり]

2020年1月28日
Lewis Capaldi-Divinely Uninspired To A Hellish Extent-Extended Edition

ルイス・キャパルディ、全米全英1位のヒット曲に続く新曲のリハーサル動画を公開! 日本デビュー盤CDは12/4発売

2019年12月5日
LEWIS CAPALDI official photo 2019

ルイス・キャパルディの全米・全英1位シングル「サムワン・ユー・ラヴド」が第62回グラミー賞「年間最優秀楽曲」にノミネート

2019年11月21日

楽曲「サムワン・ユー・ラヴド」が全米・全英1位を獲得した、歌手ルイス・キャパルディって一体何者!? 彼の8つの真実を紹介

2019年11月9日
Lewis Capaldi-Divinely Uninspired To A Hellish Extent-Extended Edition

ルイス・キャパルディ、ナイル・ホーラン北米ツアーのサポート・アクトに決定! 日本盤アルバム収録内容が決定

2019年11月1日