Categories: NEWS

ジャッキー・チェン、新型コロナウイルスの特効薬開発者になんと1500万円の謝礼金を出すと発表

香港出身の映画スターのジャッキー・チェン(65)が、新型コロナウイルスの特効薬開発者になんと100万中国元(約1560万円)の謝礼金を出すと発表した。

アジアをはじめ欧州でも猛威をふるい始めた、中国武漢発祥の新型コロナウイルス。すでに感染者は2万4000人を超え、死者は560人に上っている。現在、世界中が総力をあげて研究にあたり、感染拡大の防止と治療に努めているところだ。

先日、世界的に活躍するアクションスターのジャッキー・チェンが浙江衛星テレビにて、あるアナウンスをした。

中国政府は先日、「武漢と中国が自信を持ってこの病に立ち向かい、克服しなければならない」と宣言したが、ジャッキーはそれよりも以前からこのウイルスの動向に常に気を配っていたと語ったのだ。

しかしインターネット上では、ジャッキー・チェンは口で言うばかりで何も行動しない、と批判を浴びる結果になってしまった。「なぜあんなにお金持ちなのに1セントも寄付しようとしないんだろう?」といったコメントまで見られた。

その後、このコメントに感化されたのか、ジャッキーがついに行動を起こした。2月4日(火)の夜、ジャッキーは中国版ツイッター「ウェイボー」を更新。多くの人々が、マスクを寄付するなど様々な形でサポートしていることに深く感銘を受けたそうで、「私の全力を尽くし、サポートに努めよう」と宣言した。

さらにジャッキーは「個人であれ団体であれ、新型コロナウイルスへの効果的な治療法や特効薬を開発した方に、敬意と感謝の気持ちを表して、100万中国元(約)を差し上げます。お金で解決する問題ではないことはわかっています。しかし、私はこれ以上、人々が病に苦しみ亡くなる姿を見たくないのです。彼らは自分達の人生を楽しんで過ごすべきなのに」と発表したのだ。

この画期的なアイデアは、研究者や科学者を奮起させるものになりそうだ。現在のところ、インターネット上の評判は上々で、ジャッキーの人柄を讃える声が多く上がっている。当初「1000万元は提供すべきだ!」と息巻いていたネットユーザーも、100万元でも十分な金額であることから、納得せざるを得なかったようだ。さらには、「ジャッキーはなんて心優しいんだ!」と手のひらを返している。

全世界が新種のウイルスに恐怖を感じている今だからこそ、どのような形であれ、受けられるサポートは歓迎すべきだろう。

ジャッキー・チェンが新作映画の撮影中、水中スタントで危うく溺死しそうに!トラウマになった体験を語る

2020年1月17日

あのジャッキー・チェンが極秘来日! 一般人のような格好をしている姿を目撃されたジャッキー、来日の目的とは…[写真あり]

2019年11月8日

ジャッキー・チェン&ピアース・ブロスナン共演! 映画「ザ・フォーリナー/復讐者」、超絶アクション映像が到着

2019年4月15日
tvgrooveをフォロー!
Share