テイラー・スウィフト&カニエ・ウェストの「Famous」歌詞騒動のやりとりのフル動画流出で、妻キム・カーダシアンが激怒! 「ウソをついているのはテイラー」と猛反論し長文を投稿[※全文訳あり]

左からテイラー・スウィフト、キム・カーダシアン、カニエ・ウェスト
左からテイラー・スウィフト、キム・カーダシアン、カニエ・ウェスト

人気歌手のテイラー・スウィフト(30)と、長年確執のあるラッパーのカニエ・ウェスト(42)との間に起きた2016年の「Famous」騒動。先日、このやりとりをビデオに収めたフル映像がネット上に流出し、テイラーの主張が正しかったことが明らかになったが、ここにきて、カニエの妻でリアリティースターのキム・カーダシアン(39)が猛反論している。E!Newsなどが報じている。

2016年、カニエ・ウェストは、楽曲「Famous」をリリース。同曲は、カニエが長年確執のあるテイラーのことを「ビッチ」と呼び、さらに自分がテイラーを有名にしてやった、テイラーとセックスするかもしれないといった過激な内容を含む歌詞で、テイラー関係者およびファンたちからバッシングを受けた。

のちにカニエの妻キム・カーダシアンが、被害者ぶるテイラーをバッシングし、テイラーから事前に許可はもらっていたとして、その時の会話の動画をスナップチャット上に公開。これによりウソをついていたのはテイラーだとされた。

しかしあれから4年たった3月20日(金)、当時のそのやりとりのフル映像がネット上に流出。フル映像では、テイラーは「ビッチ」という歌詞に関して許可はしていないのと、当時公開されたものはキムによって編集されたものであり、これにより世間は、やはりテイラーが正しかったとなった。

これに関しテイラーは、3月24日、インスタグラムのストーリーに今回の電話音声のリークに関して初めてコメントを投稿。テイラーは「あの電話について私がずっと真実を言っていたという事実が提供された(違法に録音され、“誰かさん”が私に罪を着せるために編集し、操作したせいで私の家族やファンが4年間も地獄のように苦しんだ)」と、テイラーはずっと真実を語っていたこと、また4年間とてもつらかったことを明かした。また、テイラーはビデオについては深くは触れず、現在コロナウイルスで苦しむ人々のためにWHO(世界保健機関)とFeeding Americaへの寄付の重要さを呼び掛けた。

テイラーが真実をずっと言っていたということでこの件は収まるかと思いきや、世間の反応やテイラーの文章が気にくわなかったのか、ここにきて妻キムが再び猛反論し、長文をSNSに投稿したのだ。

キムは「テイラーはこの古いやりとりを再熱させることを選択したわ。数百万と言う本当の犠牲者の人々が現在直面している苦しみ(新型コロナウイルス)を考えると、これは非常に利己的であると感じる」「数日前はコメントする必要はないと感じていたのと、今もこんなことするの恥ずかしいし悔しい思いだけど、彼女はその件に関して話を続けているから、私は選択の余地なく応じさせてもらう。だって彼女はウソをついているから」と、ウソをついているのはテイラー側だと改めて主張し始めたのだ。

さらにキムは「誤解のないように言わせてもらうと、これまで抱えていた唯一の問題は、テイラーは広報を通じて『カニエは許可を得るために電話してきたことは一度もない』とウソをついたことなの。誰も『ビッチ』という言葉が彼女の許可なく使われたということを否定しなかったわ」「彼らが話したとき、歌はまだ完全には完成はしていなかったけど、やりとりの映像を見てわかるように、テイラーのチームは、強く女性を嫌うようなメッセージの歌をリリースすることについて彼に警告し、彼女が断ったと言ったとき、彼女は声明の中で実際の会話の真実を操作したの」「そのウソというのは『ビッチ』に関してでは決してなくて、それは実際電話のやりとりがあったかどうかと、会話のトーンのことだったの」と、テイラー側とカニエ側の問題点に関する主張の食い違いが起きていたことを明らかにした。

またキムは「私は映像を編集してはいません(これに関してもまた別のウソよね)。私はスナップチャットに要点をいくつか投稿しただけであって、最近流出したフル映像は、物語を変えてはいないわ」「加えて、アーティストとしてのカニエは、テイラーが最近公開したドキュメンタリーのように、彼の音楽における旅とプロセスを記録する権利があるの」と主張。

最後にキムは「カニエは彼の個人的なアーカイブのためにすべてのアルバム制作を記録しているけど、公共への開示のためにリリースしたことは決してなく、テイラーとカニエのやりとりはプライベートのものてはあったし、彼女がウソをついてなければゴミ箱行きだっただろうけど、私は彼を守らなければならなかった」「正直誰も気にしてないから、これについて話すのはこれで最後。この件でうんざりさせたみんなごめんなさい。みんなはもっと深刻で重要な問題(コロナ)に取り組んでいるのもわかっているわ」と書きづつった。

また4年越しに歌詞騒動が掘り返されて議論となってしまっているが、果たしてこの件は解決するのだろうか…。

テイラー・スウィフトと、カニエ・ウェスト

テイラー・スウィフト&カニエ・ウェスト、楽曲「Famous」歌詞騒動における電話やりとりのフル映像が流出! やはりテイラー側の主張が正しかったことが明らかに[動画あり]

2020年3月23日
ケイティ・ペリー

ケイティ・ペリー、楽曲「Dark Horse」の著作権侵害訴訟裁判でなんと逆転勝訴

2020年3月23日

テイラー・スウィフト、宿敵カニエ・ウェストとのVMA事件&楽曲「Famous」の抗争の経緯を語る! 「彼には裏の顔がある」テイラーが明かした、ある驚愕の出来事とは?

2019年9月19日

テイラー・スウィフト、「宿敵」10年前のカニエ・ウェストへの日記を公開! スピーチを中断され「現実じゃないと思った」

2019年8月27日

テイラー・スウィフト、カニエ・ウェストとの論争で「消えろ」などとネットで酷評された過去を告白! 「君はキャンセル」の意味とは・・?

2019年8月9日