人気海外ドラマ「クリミナル・マインド」最終シーズンで主要キャラクターが死亡? 「悪いことが起きるの」

AJ・クック

人気海外ドラマ「クリミナル・マインド」は、来期シーズン15でフィナーレを迎える。しかしそう簡単に、“ハッピーエンド”とはなかなかいかなそうだ。

「クリミナル・マインド」は、犯人の行動を分析=プロファイルすることによって、凶悪事件を解決に導くFBIの活躍を描いた人気ドラマ。2005年に放送を開始して以来、人気を博し、現在、シーズン14が全米放送中だ。

番組を放送する米CBSは、2019年秋から始まる来期のラインナップを発表。「クリミナル・マインド」のシリーズ継続を明らかにしたが、10話から成るシーズン15にて番組の放送を終了することを明らかにした。

JJこと、ジェニファー・ジャロウ役でシーズン1から番組に出演するAJ・クックは、上記発表後にTVLineのインタビューに回答。「多くは語れない」としながら、番組の今後について語った。

「フィナーレを観た後、この質問を見返して、笑うことになる。大事件が起きるわ」

危険な事件に自ら飛び込んでいく様を描くシリーズだけに、「主要キャラクターは生き残るのか?」という質問に、AJは「そう願っている。心から」と答えている。

「悪いことが起きる、そのことはわかっているの。でも私たちはファミリーよ。どんなことであれ、見届けたい。私たちは長い間、同じキャラクターを演じてきた。JJを演じられたことは、とても光栄なことだった」

AJ・クックは、現在放送中のシーズン14・13話「Chameleon(原題)」にて、監督デビュー。放送前には自身のインスタグラムを通じ、「みんなに観てもらえることにワクワクする」と述べていた。

人気海外ドラマ「クリミナル・マインド」、来期シーズン15での放送終了が決定

2019.01.11