『スター・ウォーズ』デイジー・リドリーの誕生日に共演者らが面白メッセージ! デイジー本人は読み聞かせを投稿しファン大喜び[動画あり]

マーク・ハミルとデイジー・リドリー
マーク・ハミルとデイジー・リドリー

人気SFシリーズ『スター・ウォーズ』の続三部作(エピソード7~9)にて、主人公レイを演じた英女優デイジー・リドリー。彼女の誕生日に、共演者や仲良しな俳優たちがコメントを寄せた。

デイジー・リドリーは4月10日に誕生日を迎え、めでたく28歳となった。そんな彼女に対し、『スター・ウォーズ』シリーズの最重要人物とも言えるキャラクター、ルーク・スカイウォーカー役を演じたマーク・ハミルは、彼らしく面白いお祝いコメントを投稿。

マークはデイジーの誕生日当日に「デイジー・リドリーに理由もなく感謝。素晴らしい女優で、明るい人物、そして今までしてもらった中で最高のおんぶをしてくれる以外の理由でね」とユーモラスに書き、2ショットやおんぶをしてもらっている写真などを投稿した。

またデイジーと仲がよく、『アナと雪の女王』でオラフの声優を務めた俳優ジョシュ・ギャッドもデイジーにメッセージ。彼は「このイギリス人女性のように僕を笑顔にしてくれる人は多くない。『スター・ウォーズ』の秘密を教えてもらうために彼女に嫌がらせをしなくてよくなった今、彼女は最も素晴らしい人間(またはシスの孫)だとやっとハッキリ言える。愛してるよ!」と書き、デイジーとハグをしている写真を投稿。映画『オリエント急行殺人事件』(2017年)で共演も果たしている二人、ジョシュは度々デイジーにスター・ウォーズのネタバレを聞こうとする動画を投稿していた。

多くの人から愛されるデイジー、彼女は誕生日当日にディズニーの公式ツイッターに登場。そこでは現在広まるコロナウィルスと最前線で戦っている人たちへの感謝を込め、『スター・ウォーズ』続三部作に登場するドロイド「BB-8」の絵本を読み聞かせをする動画が公開された。

デイジーは「家にいてくれているみんな、助けを求める人を救ってくれているみんな、ありがとう。私の感謝を込めた読み聞かせを是非受け取ってください」と話し、短編絵本の「BB-8 on the Run」を読んだ。

この絵本は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の時期に時代設定がされており、BB-8の冒険の物語の詳細を描いている。レイにとって欠かせない相棒のBB-8の物語を、デイジー本人が読み聞かせをするとはファンにとっても最高のプレゼントとなった。

レイ(デイジー・リドリー演)

『スター・ウォーズ』レイ、最後に使った「黄色のライトセーバー」は自分で作ったものだった! 最初は「ダブルブレード」が欲しかったことも明らかに

2020年3月24日

デイジー・リドリー、ストーカー恐怖にあいセラピーに通っていたことを告白! 「スター・ウォーズ」が変えたもの、変えなかったものとは・・?

2019年12月18日

デイジー・リドリー、21歳で「スター・ウォーズ」のキャストに大抜擢された時の驚きとプレッシャーにを語る! 「まさにクレイジーだったわ」

2019年12月16日

「スター・ウォーズ」デイジー・リドリー、日本語で貴重すぎる「あの一言」を叫ぶ! イベントで起こったファンにとって涙ものの瞬間まとめ [動画あり]

2019年12月11日
tvgrooveをフォロー!