ブリトニー・スピアーズが貴重な映画出演! ホラー・コメディ「Corporate Animals」へのカメオ出演が明らかに

歌手のブリトニー・スピアーズが、新作映画にカメオ出演していることが明らかとなった。

ブリトニー・スピアーズは17年前、映画「ノット・ア・ガール(原題:Crossroads、2002年)」で映画初主演。しかし同作は酷評され、興行成績も芳しくない結果となり、さらにブリトニーはラジー賞にて、「最悪主演女優賞」「最悪主題歌賞」を受賞してしまった。

それ以来映画には出演していないブリトニー。しかしE!newsによると新作ホラーコメディ「Corporate Animals(原題)」に、短い時間ではあるがカメオ出演をしているという。

このニュースは、先日開催された「サンダンス映画祭2019」にて、同作の監督パトリック・ブライスがインタビューでサプライズ発表したもの。監督は「登場人物のエイダンという男性はブリトニーの熱狂的ファンで、ちょっとおかしくなっちゃうんだ。壁からブリトニーが彼に話しかけてくる声が聞こえちゃう」と説明し、ブリトニーがそのシーンでカメオ出演していると明かした。

ブリトニーの出演は極秘であったようで、出演者のジェシカ・ウィリアムズですらその場で知ったという。ジェシカは「それって最高!完成版を早く見なきゃ。そんなエネルギーがこの映画に入っていて嬉しいわ!」と、わかりやすく喜びのリアクション。

ブリちゃん出演にキャストも大興奮!

パトリック監督は「人づてに、なんとかブリトニーに10分だけ声を録音させてもらうことができたんだ。最高だったよ」と、ブリトニーに出演してもらうまで努力したことも告白。

「Corporate Animals」は女優デミ・ムーアと、「ハング・オーバー!」等で知られるエド・ヘルムズらも出演。公開予定日は未発表だという。

ブリトニー・スピアーズは先日、病気の父の看病のため無期限で活動停止を発表。この映画は活動休止前に撮影されたものであるため、ブリトニーがスクリーンで見られるのは色々な意味で貴重だ。

クリスティーナ・アギレラ

クリスティーナ・アギレラ、ラスベガスで定期公演「Christina Aguilera: The Xperience」開催決定

2019年1月30日

活動休止を発表したブリトニー・スピアーズ、ラスベガス公演キャンセルで数億円の損害発生か

2019年1月7日

ブリトニー・スピアーズ、無期限の活動休止を発表! 病気の父親の看病に専念、ラスベガス公演は保留に

2019年1月6日

ブリトニー・スピアーズの交際相手、「永遠のライバル」クリスティーナ・アギレラをディスる! 「クリスティーナって誰?」

2018年12月25日