ジョニー・デップ、なんと14年間に渡り電話のハッキング被害に遭っていた! 犯人はあの大手タブロイド紙

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られる人気俳優のジョニー・デップ(56)が、なんと14年間にも渡り電話のハッキング被害に遭っていたと主張し、英サン紙を訴える方向でいるようだ。The Blastが報じている。

The Blastによると、ジョニー・デップは、イギリスのサン紙(The Sun)が発行しているニュース・グループ・ニュース・ペーパーズ(News Group Newspapers)に対し、請求書を介して訴訟を起こしたという。

ジョニー側は、このタブロイド紙の複数のプライバシーの侵害と、ボイスメールメッセージの傍受、違法なデータ収集による個人情報の誤用をバッシングしている。

さらに手紙の中で、ジョニーのチームが状況を調査した限り、なんと1996年から2010年の約14年間に渡りハッキングされ、ジョニーの子供たちに関する情報や医療情報など、長期に渡り違法にハッキングしていたことが明らかだと証拠を突きつけている。

ジョニーの元パートナーで2人の子供の母であるヴァネッサ・パラディの妊娠を1998年、そして2002年に最初に報じたのもサン紙で、そういった機密情報をハッキングにより収集したのものだと非難している。

ジョニー側の弁護士アダム・ウォルドマンは「昨日、ジョニー・デップを違法にハッキングした彼らに対し訴訟を起こす意向をサン紙に通知しました。私たちの弁護士であるデヴィッド・シャーボーンは、これまでにもサン紙に対し、故ダイアナ妃、エルトン・ジョン、ジュード・ロウ、ヒュー・グラント、そしてハリー王子のハッキング裁判を担当してきました。サン紙は何千ポンド(何十万円)を支払って何十もの違法なハッキングをしてきました。このケースはお金の問題ではなく、デップ氏にとって道徳的な信条の問題なのです」とコメントしている。

アンバー・ハードとイーロン・マスク(Twitterより)

実業家イーロン・マスク、過去にロマンスのあったアンバー・ハードを擁護? ジョニー・デップファンのツイッターに返信

2020年5月6日
アンバー・ハードとジョニー・デップ

ジョニー・デップとアンバー・ハードのケンカが匿名希望で警察に通報されていた!「アンバーという女性が男から暴行を受けている」と新たな音声が公開[音声あり]

2020年4月28日
ジェフ・ベック&ジョニー・デップ「孤独」

ギターの巨匠、ジェフ・ベックとジョニー・デップという誰もが予想しなかった豪華デュオによる初の音源が、デジタル配信開始

2020年4月17日
ジョニー・デップ

SNSを一切やらないジョニー・デップがついにインスタグラム開始! 8分にも渡る動画で語ったこととは?[動画あり]

2020年4月17日
ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズより

『パイレーツ・オブ・カリビアン』俳優、ディズニー・スタジオは新作について「間違いなく話し合ってるよ」とコメント! ジョニー・デップ出演の可能性は?

2020年4月15日
tvgrooveをフォロー!