カイリ・ジェンナー、1年で宅配サービスに約100万円以上をつぎこんでいたことが判明

リアリティースターで起業家、そしてビリオネアとして知られるカイリー・ジェンナーが、昨年一年間で、およそ1万ドル(日本円で約108万円)を宅配サービス「ポストメイツ」につぎ込んでいたことが判明した。

カイリーは、自身のコスメティックライン「カイリー・コスメティックス」の大成功により、若干20歳でビリオネアとなった、アメリカでは知らない人はいないといわれるほど有名人だ。

カイリーの利用しているデリバリーサービス「ポストメイツ」は米国で話題になっている買い物、宅配代行サービスで、公式アプリをダウンロードし、そこから注文ができるという便利なシステムだ。

今回、「ポストメイツ」が、昨年1年間のカイリーの利用履歴を公開したことにより彼女がこのサービスを頻繁に利用していることが明らかになった。

カイリーは、同宅配サービスを使い、フードデリバリーをしていたようで、多いときは1日に5回も注文。そのデリバリーの内訳も公開されている。(「」内はレストラン名)


朝10時: 「ザ・ベーグル・ブローカー」のクリームチーズベーグル
昼14時7分: 「ミルク」の6パック マカロンアイスクリームサンドイッチ
昼14時11分: 「フレッド シーガル マウロ カフェ」のペンネボロネーゼ
昼14時13分: 「Castia Del campo」のタコス、メキシカンライス、エンチラーダ、トスターダサラダ
昼14時17分: 「ウマミバーガー」のトリュフ Impossibleバーガー


これは、2018年の6月27日の注文履歴だが、この日、カイリーは撮影をしていたようで、スタッフへの分を含めて1日5回のオーダーをしていたようだ。

さらに、カイリーの記念すべき21歳の誕生日の日には、カスタムバースデーケーキや、フローラルアレンジメント、ビア・ボング、そしてモーターバイクを注文していたようだ。

さらに、誕生日パーティーの前にはクリームチーズベーグルをオーダーするなど、デリバリーサービスをうまく活用している様子が伺える。

ちなみにカイリーが注文したものの中で、一番高額だったのは、1942年の「ドン・フリオ アネホ」のテキーラ(正確な値段は不明だが約1万5000円前後)だそうだ。

今年1歳の誕生日を迎える娘のストーミを出産する、1週間前にはマクドナルドでオレオマックフルーリー、チキンナゲット、そしてフライドポテトをオーダーするなど、庶民派な面も見せた。

たった1年の間で、宅配デリバリーに100万円以上つぎ込むカイリー、さすがはアメリカを代表するセレブである。

カイリー・ジェンナーと、テイラー・スウィフト

カイリー・ジェンナーが発表したキュートなコスメのバレンタイン・コレクションになぜかテイラー・スウィフトのファンが反応! いったいなぜ!?[写真あり]

2019年1月27日

ジャスティン・ビーバー、カイリー・ジェンナーの素敵すぎるリゾート写真に思わず「招待して」[写真あり]

2019年1月21日

謎の「たまご」がカイリー・ジェンナーを抜き、インスタ史上最多「いいね」を獲得! まったく普通のたまごなのになぜ・・?

2019年1月15日
tvgrooveをフォロー!