米ディズニー・ワールド、「あのキャラ」を使ってソーシャルディスタンスを取り締まる! 「あるき続けろ!」などピッタリの役割に[動画あり]

ストーム・トルーパー
ストーム・トルーパー

新型コロナウィルス感染拡大の影響で臨時休園となっていたアメリカのディズニーランド。先日7月11日より段階的に再オープンするとディズニーが発表したのだが、それに先駆けショッピングエリアであるディズニー・スプリングスが営業を再開。その際に『スター・ウォーズ』のキャラクターであるストーム・トルーパーが活躍しているようだ。

来園客を監視するストーム・トルーパー

先日フロリダのディズニー・ワールド・リゾートが、7月11日から段階的に再オープンすることを発表。休園から約4ヵ月の再開となる。4つのテーマパークのうち、7月11日からマジック・キングダムと、アニマル・キングダム、エプコットとハリウッド・スタジオは7月15日の再開を目指しているという。

これに先駆け、ディズニーワールドのエリア内にあるショッピング&レストラン街の「ディズニー・スプリングス」が再オープン。Attractions Magazineが獲得した映像によると、ディズニー・スプリングス内には人気映画『スター・ウォーズ』シリーズに必ず登場するストーム・トルーパーが見張っており、来園客がマスクをしているか、またソーシャルディスタンスをきちんと保てているかなどを取り締まっているようだ。

来園客を取り締まることは、頭からつまさきまで防護服で覆われているストーム・トルーパーにぴったりの役目。動画では「自分のセクターにいろ!」「雄のバンサ(シリーズに登場する巨大ないきもの)1匹分くらいの距離をあけて」「歩き続けろ」などと指示する場面も見られ、映画の世界観が活用されている。

フロリダのディズニー・ワールドは再オープンする際、ゲストの体温チェックを行い、またマスクやフェイスカバーの着用が義務付けられる。パーク内の人が密集するイベントは当面はなしで、またキャラクターたちとのハイタッチも禁止だという。

ウォルト・ディズニー社は、先週までは、テーマパークは無期限に閉鎖と明かしていたが、アメリカは徐々に制限緩和をはじめ徐々に経済再開していく方針から、ディズニーもこの決断に至ったのかもしれない。

米ディズニー・ワールド

米フロリダのディズニー・ワールド、ついに再オープンの日程を発表! 徹底した感染防止策も

2020年5月28日
Disney Parksより

米ディズニー・ワールドの一部ディズニー・スプリングスが5月20日に営業再開へ! 感染防止策を徹底

2020年5月15日
上海ディズニーランド

ディズニー、コロナの影響で毎月1000億円の損害!? 専門家が予測

2020年5月15日
営業再開した上海ディズニーランド

上海ディズニーランドが5月11日から営業再開! パークで行っている様々なコロナ対策とは

2020年5月13日
tvgrooveをフォロー!