上海ディズニーランドが5月11日から営業再開! パークで行っている様々なコロナ対策とは

営業再開した上海ディズニーランド
営業再開した上海ディズニーランド

上海ディズニーランドは11日、3ヶ月半ぶりに営業を再開。再開にあたっては、ゲストのマスク着用や入園時の検温、入場者数の制限など様々な感染防止策がとられている。なお、8日金曜日に発売されたチケットは数分で売り切れていた。theguardian.comが伝えている。

現在、中国では個人の健康状態をアプリで管理しており、問題ない状態を表す緑色表示の人物のみが入場を許可される仕組みとなっている。しかし子供のプレイエリアやいくつかの施設は依然閉鎖されたままになっており、密集を避けるためパレードや夜間のショーも実施されない。また上海ディズニーリゾートは営業再開にあたり、「キャラクターとの近距離での写真撮影や交流は当面の間禁止にする」と発表している。

上海ディズニーランドは今年1月24日、世界のディズニーランドに先駆けて営業を休止した。しかしながら、今回の新型コロナウィルス感染拡大に伴いウォルト・ディズニー社の利益は前年比9割減となっており、回復させるためにも早期の営業再開が望まれている。

また、同社はテーマパークだけでなく、クルーズ船の欠航や映画館の営業休止に伴う映画公開の延期など影響は計り知れない。昨年米国内でスタートした動画配信サービス「Disney+」が唯一の望みとなっている状況だ。

さらに先日、同社は10万人にのぼる従業員の一時解雇を決め、給与支払いを停止した。それにも関わらず上層部は依然高額の報酬を得ていることから、上院議員のバーニー・サンダース氏や創業者一族の子孫でもあるアビゲイル・ディズニー氏が批判の声をあげている。

2月にCEOから取締役会長となったボブ・アイガー氏は今年度の給与全額カットを発表したが、数百万ドルにのぼるインセンティブ報酬は受け取るようだ。

日本やアメリカ、パリのディズニーワールドの営業再開はまだ未定で、一部アナリストたちは再オープンは来年になるのではないかと予想する声もあがっているが、果たして上海ディズニーランドは営業再開しても感染を防ぐことはできるのだろうか。

映画「ムーラン」

新型コロナウイルスの不安が未だ広がる中、『ムーラン』は7月に予定通り公開へ!ディズニー新CEOが認める

2020年5月12日
最新アトラクション「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」

ディズニー、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の最新アトラクション「ライズ・オブ・レジスタンス」の乗車体験動画を公開! 自宅でもアトラクションに乗っている気分になれちゃう!?[動画あり]

2020年5月9日
「The Disney Family Singalong: Volume II」

ディズニー主催のバーチャル・コンサート「The Disney Family Singalong」第二弾、妊婦ケイティ・ペリーが『ダンボ』の「Baby Mine」を披露! そのほか出演者が続々と決定

2020年5月7日
シンデレラ城

一時閉鎖中の米ディズニーワールドに42歳の男が侵入! キャンプをして逮捕される

2020年5月4日
カリフォルニア、アナハイムにあるディズニーランド

米ディズニーワールドとディズニーランド、長ければ2021年まで休園の可能性も

2020年4月25日
tvgrooveをフォロー!