「glee」コーリー・モンテース、リア・ミシェルが共演者に悪態をついた際のフォローをしていた! イベントに出演した女優が明かす

コーリー・モンテースとリア・ミシェル(2013年)
コーリー・モンテースとリア・ミシェル(2013年)

人気ミュージカルドラマ「glee/グリー」の主人公レイチェル役を務めた女優のリア・ミシェルが先日、元共演者の複数人から「態度が最悪だった」「エキストラをゴキブリと呼んでいた」などと告発された。当時リアと私生活でも交際していたコーリー・モンテース(2013年に死去)が、現場でリアのフォローを行っていたことが今回わかった。

リアは先日、「glee」シーズン6で共演した女優のサマンサ・ウェアに「私のテレビデビューを地獄にしてくれた」と告発され、これをキッカケにその後も次々と元共演者から態度の悪さについて明かされた。主要キャラのブリトニー役を演じたヘザー・モリスでさえも、「彼女と働くのはかなり不快だった」と発言し、リアが謝罪をする事態にまで発展した。

今回リアの謝罪文へのコメントに、モニカ・モスカトウという名の女優が書き込み。その内容もまた驚きのものであった。

彼女は「2009年9月、『glee』のプレミアパーティーをハイスクールで行うというイベントがあって、そこでは番組の登場人物のソックリさんを使ってパーティーでパフォーマンスをするという企画があった。私はレイチェル・ベリー役(リアの役)のソックリさんとして起用された」と、レイチェルのソックリさんとして仕事をしたと書いた。

しかしキャストが会場に着き、リアは自分のソックリさん(モニカ)を見て「オーマイゴッド!これ以上ブサイクな子いなくない?」とモニカに面と向かって言ったという。

しかしショックを受け落ち込んでいるモニカのところに、出演者のコーリー・モンテースが歩み寄り、「リアの言うことなんて聞かなくていいよ、彼女はヤキモチを焼いてるだけだから。君はきれいだよ」とフォローしてくれたそう。モニカは「(コーリーの優しさを)一生忘れない」と締めくくった。

リア・ミシェルは「glee」撮影当時、ドラマ内でも恋人役であった俳優のコーリー・モンテースと私生活でも交際。2013年にコーリーが薬物過剰摂取で急死するまで付き合っていた。モニカに「ブサイク」と言った2009年の時点でリアとすでに交際していたかは不明だ。

モニカの今回の告白は、リアのコメント欄に書かれたものであり、現在は削除されている。

マーティ・ノクソンと、リア・ミシェル

「glee」プロデューサー、リア・ミシェルの過去の差別的態度について語る! 「他にも悪い態度を取っていた男性俳優がたくさんいた」「いつも最初に犠牲になるのは女性」

2020年6月6日
アンバー・ライリーと、リア・ミシェル

「glee」アンバー・ライリー、リア・ミシェルの一連の騒動について語る! 「リアに対して憎しみや恨みはない」「今は #BlackLivesMatter(黒人の命は重要)の運動に集中するべき」[動画あり]

2020年6月6日
リア・ミシェル(左)、ジェラルド・カノニコ

リア・ミシェルとブロードウェイで共演の俳優、「悪夢でしかなかった」! 謝罪文に対しても「責任転嫁せずきちんと謝るべき」

2020年6月4日
リア・ミシェル

差別を告発された「glee」リア・ミシェルが謝罪 「人を傷つける振る舞いをしていました」 しかしこれに対しさらなる批判の声も

2020年6月4日
リア・ミシェル(左)、ヘザー・モリス

「glee」ヘザー・モリス、差別を告発されたリア・ミシェルと共演するのは「かなり不快だった」! 「彼女は告発されるべき」と衝撃のコメント

2020年6月4日
tvgrooveをフォロー!