テイラー・スウィフト、ジューンティーンス(奴隷解放記念日)を「国民の祝日にすべき」と主張! 「私の会社では休日にしました!」

テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフト

人気歌手のテイラー・スウィフトが、「ジューンティーンス(6月19日:奴隷解放記念日)」がいかに重要であるか訴えた。また国民の祝日にすべきだとの声もあげている。

1865年6月19日、最後まで奴隷制度維持を訴えていたテキサス州が奴隷の解放を宣言。自由を象徴する日としてテキサス州では祝日に設定しているが、全国の祝日にはなっていない。

テイラー・スウィフトは19日の0時ちょうど過ぎにツイッターを更新。Root誌の記事をこの日の歴史を説明する動画とともにアップし、「ジューンティーンス、おめでとう!動画の投稿を許可してくれたRoot誌とダニエル・ヤングに感謝します。この動画では今日という日の大切さと、この日を国民の祝日とすべき理由が述べられています」とコメントを添えた。

さらに、「個人的なことだけれど、この日、私の会社の社員たちはみんな休日とすることにしました!自由を象徴する記念日として、これから6月19日はずっとそうするつもりです。そして、私自身も今この日に繋がっている過去の歴史を正しく学び、教養を身につけるようにします」と付け加えた。

そして、「最近この国で起こっている出来事は、私たちの家族に対し、きちんと人々の意見を聞いて、よく考え、『反人種主義』であることを堂々と主張できるためにプログラムを作り直す機会を与えてくれています。権利というものが正しく利用して、正義のためにたちあがるべきです」と締めくくった。

先週テイラーは、白人至上主義者を記念する像が設置されていることに反対の声を上げており、デモによって取り壊されてしまったものについては、「正しいことを主張した事実を無駄にしてしまう」として再建すべきではないと主張していた。

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、有色人種の人々を助ける活動をするファンたちのために14万円を寄付! その活動内容とは

2020年6月15日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、故郷テネシー州の“ある像”を撤去するよう呼びかける! 「人種差別主義の歴史上の人物を祝う記念碑にはウンザリ!」

2020年6月13日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、「人種的不正は政府に染み込んでいる」! 連続ツイートでパワフルに投票を訴えかける

2020年6月10日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、ドナルド・トランプ支持者からのコメントに痛烈な返信をお見舞い! 「フ〇ック・ユー」

2020年6月5日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、ドナルド・トランプ大統領を名指し批判したのは「大義のため」! 彼女が政治的発言をする覚悟を関係者が明かす

2020年6月1日
tvgrooveをフォロー!