ショーン・メンデス、トランスジェンダー差別ツイートに「いいね」したことを謝罪

ショーン・メンデス
ショーン・メンデス

ショーン・メンデス(20)が、トランスジェンダーに対して差別的な内容のツイートに「いいね」したことを謝罪した。

ショーン・メンデスが「いいね」をしたのは、男性に対する敬称(sir)ではなく、女性に対する敬称(maam)で自分を呼ぶよう求める患者に対し、医師が睾丸ガンを告知するというツイート。トランスジェンダーを揶揄するブラックジョークだ。

Cosmopolitanによれば、不快に感じた一部のファンは、「いいねを取り消して、謝罪した方がいい」とショーンに進言。これにショーン・メンデスは「フィードをスクロールしているときにうっかり」押した「いいね」だったと弁明。

「自分が差別主義者でないことは、ファンならわかっているはず」と述べつつも、「ごめんなさい」と謝罪を行った。

その後、ショーン・メンデスは詳しく語ることはせず、シンプルに「Love u(大好きだよ)」とだけツイート。事態の収束を図った。

なお、ショーン・メンデスのツイッターアカウントは、約6万人をフォローしており、フォローしているアカウントが投稿するすべてのツイートを彼が目にしているとは考えにくい。不適切な内容のツイートがフィードに表示されることも、想像に難くないだろう。

Seventeenは、一連の出来事を報じるとともに、ショーン・メンデスが過去数年にわたり、LGBTQコミュニティを積極的に支援してきたことを紹介。共作関係にあったテディ・ゲイガーが性転換を行ったときは、大々的に彼女への支持を表明しており、「目を開き、心を開いて。ぼくの親友のひとりが、人生最大のトランジションを乗り越えた。そばで見守るのに、素晴らしい体験だった」とつづっていた。

ショーン・メンデス、グラミー賞でのパフォーマンスにド緊張! 現在の心境をぶっちゃける様子が話題に[動画あり]

2019年1月31日
ナイル・ホーランと、ショーン・メンデス

ナイル・ホーラン&ショーン・メンデス、コラボ曲は年内リリース!? ツイッターでの2人のやりとりにリアム・ペインも参加

2019年1月26日
グラミー賞

カミラ・カベロ、ショーン・メンデス、カーディ・Bらが第61回グラミー賞授賞式でパフォーマンスへ! 出演アーティスト第1弾発表

2019年1月18日

ショーン・メンデス、今までパフォーマンスしていなかった曲を今ツアーで初めて披露することを約束

2019年1月10日

アリアナ・グランデ、ポール・マッカートニー、ショーン・メンデスら豪華ゲストが熱唱! 「カープール・カラオケ」クリスマス特別バージョンが公開[動画あり]

2018年12月22日