フローレンス・ピュー、過去にした「文化の盗用」を謝罪!「本当に恥ずかしい」

フローレンス・ピュー
フローレンス・ピュー

『ミッドサマー』や『ブラック・ウィドウ』などの出演で知られる女優のフローレンス・ピューが、過去に自分がした「文化の盗用」について長文で謝罪した。

フローレンス・ピューは6月26日金曜日にインスタグラムに長文の声明を投稿。「この4週間は、大きかったわ。世界は変わろうとしていて、私もこの大変動を率直に学ぼうとしている。この変化はいつもそこにあったわ。でも気づかなかったの」と、ここ最近のムーブメントで心境の変化があったようだ。

View this post on Instagram

To see change I must be part of the change.

A post shared by Florence Pugh (@florencepugh) on

さらには「私が最初に文化の盗用という言葉を聞いたのが18歳の頃だった。友人のホリー(17歳)にロンドンで会ったときよ。私は髪を編み込み、ジャマイカの国旗の色でビーニーを描き、友人の家に行ったわ。そしてラスタファリアンの作品を誇りに思っていたの。翌日、シャギーの曲『Boombastic』の歌詞を言い換えたキャプションをつけて投稿したわ」とラスタファリアンの「文化の盗用」をしてしまったことについて明らかにした。そしてその写真で「どれだけ多くの人が気分を害したのか見当もつかなかった」とし、過去と現在の彼女によって不快にされてしまったすべての人に「本当に申し訳ありません」とフローレンスは述べた。

白人俳優が混血キャラクターに扮したり、演じたりしてきたことはこれまで度々問題となってきたが、ジョージ・フロイドさんが亡くなった事件をきっかけに「Black Lives Matter」を掲げた抗議運動が世界に広がったことで、より「差別」がエンターテイメント業界で問題視されるようにもなった。

最近では、過去に、黒人以外の演者が黒人を演じるために施す舞台化粧「ブラックフェイス」を施したとして『ベイビー・ドライバー』などで知られるメキシコ出身の人気女優エイザ・ゴンザレス、アメリカの人気司会者であるジミー・ファロンやジミー・キンメルが猛烈批判され、本人が謝罪した。

クリスティン・ベル

クリスティン・ベル、アニメ「Central Park」で混血キャラクターの声優を降板!「より正確に表現できる人にこの役を譲ることができて嬉しく思います」

2020年6月26日
エイザ・ゴンザレス

エイザ・ゴンザレス、過去に“黒塗り”メイクをした動画が再浮上し謝罪! 「深くお詫びするとともに、恥じています」

2020年6月25日
フローレンス・ピュー

『ブラック・ウィドウ』フローレンス・ピュー、“マーベル女優”になるためのボディシェイプについて語る

2020年5月11日
フローレンス・ピュー

『ブラック・ウィドウ』フローレンス・ピュー、バッシングに対し「私のプライベートを教育する権利はあなたにない」と人々に力強いメッセージを送る

2020年5月8日
フローレンス・ピュー

かなり年上の恋人を持つ『ブラック・ウィドウ』女優フローレンス・ピュー、ネットの荒らしにメッセージ!これにアリアナ・グランデも反応[動画あり]

2020年4月9日
tvgrooveをフォロー!