アンバー・ハード、ジョニー・デップとのケンカで「自分が先に手を出した」ことを認める音声が提出される! 「でもあなたはケガしてないでしょ!」

ジョニー・デップとアンバー・ハード
ジョニー・デップとアンバー・ハード

英メディア「ザ・サン」誌に対し、「妻を殴るもの(Wife Beater)」と見出しを付けたことを理由に名誉棄損で起訴している俳優のジョニー・デップ。現在、ジョニーや元妻アンバー・ハードらが裁判所に出廷し証言をしているのだが、この中でアンバーが新たに「最初に手を出したのは自分」だと自ら言っている音声が公開された。

7月20日に行われた裁判では、結婚当時2人がケンカをしている音声が流された。そこでアンバーがジョニーに対し「クソ子供っぽい」と呼び、手を出すぞと脅している場面も聞かれた。

この音声ではアンバーが自ら、ジョニーに対して手を出したことを認める発言もしていた。彼女は「ちゃんと顔に平手打ちしなくてごめんなさいね、でも私は叩いた(Hit)だけ。殴って(Punch)はない」と話し、「殴ってないから。叩いただけだから」と繰り返した。

またアンバーは音声で「私の手の動きが実際どうだったかはわからないけど、あなた(ジョニー)は大丈夫じゃん。あなたにケガをさせてない。叩いたから。でもまた暴力的にならないとは約束できない・・・ああ、私たまに本当に怒りがおさえられない。見失っちゃう」と、時に自分を見失うほど怒ってしまうと自分で分かっていると話していた。

先日の裁判では、ジョニーとアンバーのプライベートナースであったデビー・ロイドも証言。ジョニーが「とても暴力的になった」として告発されている2015年3月23日に関し、デビーは「実際に殴ったのは、ジョニーではなくアンバーだった」と主張。またアンバーはジョニーに対しレッドブルの缶も投げつけたと法廷で主張した。

今回の裁判は、ジョニー・デップが、英メディア「ザ・サン」誌が彼の事を「妻を殴る者(Wife Beater)」と表現したことを受け「事実ではない」とし、名誉棄損で告訴したもの。これまで、ジョニーがコカインを並べ眠りについている写真や、ジョニーの指が切断したときの現場の写真などが公開されている。

アンバー・ハードとジョニー・デップ

ジョニー・デップとアンバー・ハードのケンカ中に居合わせたナース、当時の激しい状況を明かす

2020年7月20日
ジョニー・デップとイーロン・マスク

イーロン・マスク、ジョニー・デップのペントハウスの鍵を持っていた!アンバー・ハードと会うため“定期的”に忍び込んでいた

2020年7月20日
左からウィノナ・ライダー、ジョニー・デップ、ヴァネッサ・パラディス

ジョニー・デップの元パートナーであるヴァネッサ・パラディス&ウィノナ・ライダー、裁判で証言予定がキャンセルに! 代わりに声明でジョニーを全面擁護

2020年7月17日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップの切断された指先を発見した不動産マネージャー、当時の悲惨な状況を振り返る「割れたガラスや破片が散らばっていて…」[写真あり]

2020年7月16日
アンバー・ハード

アンバー・ハードの元アシスタント、「彼女は私のレイプ被害を自分のものにした」! ジョニー・デップを擁護

2020年7月16日
tvgrooveをフォロー!