ジョニー・デップの切断された指先を発見した不動産マネージャー、当時の悲惨な状況を振り返る「割れたガラスや破片が散らばっていて…」[写真あり]

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

イギリス・ロンドンにある王立裁判所にて、7月7日から開始されているジョニー・デップによる英メディア「ザ・サン」誌に対する名誉毀損裁判。現地時間7月15日水曜日、当時のジョニーの不動産マネージャーだったベン・キングが、ジョニーの指切断事故で切断された指先を発見した時のことを話した。

過去の報道によると、ジョニーの指切断事故は、2016年に発覚。2015年、ジョニー・デップとアンバー・ハードが結婚してから約1ヶ月後に、夫婦喧嘩の際に指の先端を切り落としてしまったと報道された。原因は、アンバーがほかの俳優たちと浮気していると、ジョニーが腹を立てたことだという。また、今年の4月には、DailyMail.comが独占ビデオを公開。この動画でジョニーは指を切断したときの夜を思い出しながら語っている。事故の夜、アンバーは2回もジョニーに割れたウォッカの瓶を投げ、1つは耳の横あたりで避けたが、もう1つがジョニーの指にヒットし、ケガをしたと主張していた。

当時のことについて、法廷で証言したベン・キング。彼は2015年3月にオーストラリアにある家に緊急で呼び出されたという。そこは血塗れで「特に1階下のバーエリアは著しい損傷だった」と振り返った。

「バーの後ろの鏡は酷くひび割れ、割れたガラスの破片がバーの上や周りに散らばっていた」とベン・キングは供述書で述べており、ロンドンの高等裁判所では画像が公開されている。

「デップさんの指先が切断されたと聞き、わたしは割れたガラスや破片を片付けながら、指先を探していたら、バーの床に落ちていたのです」と語った。「バーエリアが一番血だらけでした。階段を上ったところに血痕があり、メインの寝室にも血痕がありました」と話したようだ。

また、ジョニーが自分の尿でアンバーの名前を書こうとしたという主張に対してもキング氏は「誰かが家の周りに放尿していたとしても、私は尿の痕跡を見ていませんし、匂いも嗅いでいませんでした」と話した。

アンバー・ハード

アンバー・ハード、顔のアザを証明する写真は「デマ」だった!? 不動産マネージャーが法廷で主張「彼女を見たとき、アザも傷もなかった」

2020年7月16日
アンバー・ハード

アンバー・ハードの元アシスタント、「彼女は私のレイプ被害を自分のものにした」! ジョニー・デップを擁護

2020年7月16日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、指切断後はギプスしていたためアンバー・ハードを殴ることはできなかったと証言! 痛みを伴う感染症になっていたことも明らかに

2020年7月15日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、アイスクリームに覆われて眠っている写真が法廷で公開される[写真あり]

2020年7月14日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、アンバー・ハードがジョニーから蹴られたと証言した時、涙していた・・・法廷で暴露

2020年7月14日
tvgrooveをフォロー!