アル・パチーノ、『スター・ウォーズ』への出演を断っていた!? その理由は脚本…?

アル・パチーノ
アル・パチーノ

スター・ウォーズ』シリーズといえば、世界で最も愛されているSF映画と言っても過言ではないだろう。そんな同シリーズに、ある大御所俳優が出演を断っていたという話が話題となっている。

『スター・ウォーズ』はこれまでに映画、テレビドラマ、コミック、小説、フィギュア、その他多くのグッズが世に出ている。ジョージ・ルーカスによって制作された映画たちは彼だけでなく、出演した多くの俳優たちを一躍スターの道へ押し上げた。レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーやルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル、メイス・ウィンドゥを演じたサミュエル・L・ジャクソンはほんの一部だ。

そして、長い『スター・ウォーズ』の歴史のなかで最も有名になったのはハン・ソロを演じたハリソン・フォードだろう。実はこの役がハリソン・フォードに決まる前、あの有名俳優アル・パチーノの名前が上がっていたのだ。

アル・パチーノといえば『ゴッド・ファーザー』シリーズでマイケル・コルレオーネ、『スカーフェイス』でトニー・モンタナを演じたことなどで知られるハリウッド界の大物だ。そんな彼にハン・ソロ役として声がかかったのが1997年のこと。彼は既に『ゴッド・ファーザー』シリーズを含む多くの名作に出演していた。

関係者によると、アル・パチーノはハン・ソロ役のオファーが届いていたことを認めながら「役そのものはよかったんだけど、台本が理解できなかったんだ」と語ったという。当時自費制作に近かったジョージ・ルーカスによる『スター・ウォーズ』の脚本は、他の出演者にとっても分かりづらい点が多かったという。

結果として、ルーカスフィルム・スタジオで制作された『スター・ウォーズ』シリーズは大ヒット。その後、高額でディズニーの手に渡ることになった。ハン・ソロを演じたハリソン・フォードはハリウッドスターとなり、続3部作のギャラは2500万ドル(約26億8000万円)とも言われている。

すでに大俳優として名を馳せているアル・パチーノだが、もしこの映画に参加していれば、さらなる富と名声を得ていたかもしれない。

ジョン・ボイエガ

ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ』フィン役は「もうやらない」! その理由とは・・・?

2020年7月21日
ヘイデン・クリステンセンと、ユアン・マクレガー

『スター・ウォーズ』アナキン・スカイウォーカー役ヘイデン・クリステンセン、オビ=ワン・ケノービのスピンオフドラマに出演の可能性!? その理由とは

2020年7月20日
『スター・ウォーズ エピソード5:帝国の逆襲』で、ルークがヨーダの修行を受けるシーン

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、40年間で45回目の週末興行収入1位を記録! 再び1位に返り咲いた理由とは

2020年7月16日
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、実は人気ゲームの「ゲームボーイ」から発想を得たシーンがあった…!?[写真あり]

2020年7月9日
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』でフィン役を演じたジョン・ボイエガ、実はあの有名俳優がフィン役の候補だった…!?

2020年7月8日
tvgrooveをフォロー!