「glee」ナヤ・リヴェラ、元共演者リア・ミシェルとの確執を否定

ナヤ・リヴェラと、リア・ミシェル

女優ナヤ・リヴェラが、2009年から2015年まで出演していたドラマ「glee/グリー」の共演者リア・ミシェルとの確執を改めて否定した。

ナヤ・リヴェラは、「glee」にサンタナ役で出演。当時、主人公レイチェルを演じるリア・ミシェルとの確執が頻繁に話題となっていた。

2月6日、トーク番組「Watch What Happens Live With Andy Cohen(原題)」に出演したナヤ・リヴェラは、ファンの質問に答え、リア・ミシェルとの現在の関係を明かした。

「私たちの間に、確執はなかったと思う」と答えたナヤは、リアがインスタグラムで公開した婚約指輪の写真に「いいね」をつけている。また、このときもシンプルに「素敵な指輪」と述べていた。

ナヤ・リヴェラは、2016年に出版した自伝「Sorry Not Sorry: Dreams, Mistakes and Growing Up(原題)」で、「番組の脚本家チームのひとりが、リアと私は正反対だといっていた。私たちはどちらも、意思が強くて負けず嫌い。別に私たちだけじゃなくて、誰でもうそうだけど、そういうふたりの相性って良くない」と語っていた。

「番組が進むと、友情にヒビが入った。特にサンタナの扱いが大きくなって、出番が増えてからは。思うにレイチェル、あぁ、要するにリアは、スポットライトをシェアするのが嫌だったんじゃないかな」

当時、ナヤ・リヴェラはリア・ミシェルのことを「繊細」であると称し、「私が何かに文句を言うと、自分への文句だと思い込む。すぐに私を無視するようになった」と内情を暴露していた。

ダレン・クリス

ダレン・クリス、ゲイのキャラクターは今後演じない! その理由は?

2018年12月21日