最新スパイ・アクション「アレックス・ライダー」主演のオット・ファラントとブレノック・オコナーにインタビュー! エピソード1から撮影現場ではハプニング続出?

「アレックスライダー」アレックス(オット・ファラント)&トム(ブレノック・オコーナー)
「アレックスライダー」アレックス(オット・ファラント)&トム(ブレノック・オコナー) © 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved.

「名探偵ポワロ」の脚本を手掛けたアンソニー・ホロヴィッツが原作・製作総指揮を務める 「アレックス・ライダー」 。世界的ベストセラー小説が待望のドラマ化となり、いよいよ日本でも9月5日より海外ドラマ専門チャンネルAXNにて初放送を迎える。

本作で、叔父の死をきっかけに危険な世界へと引き込まれる主人公のアレックスを演じたのは、注目度急上昇の若手英国俳優のオット・ファラント。そしてアレックスの親友トムを演じるのは『ゲーム・オブ・スローンズ』でも知られるブレノック・オコナーだ。

そんなふたりに、tvgrooveはリモートで日本からインタビューを決行。撮影裏エピソードや、日本でやりたいことについて伺ってきた。

「アレックスライダー」アレックス(オット・ファラント)&トム(ブレノック・オコーナー)

「アレックスライダー」アレックス(オット・ファラント)&トム(ブレノック・オコナー)
© 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved.

ーー オット・ファラントさんとブレノック・オコナーさんは、劇中で親友同士を演じていてますが、撮影中のエピソードがあれば、お聞かせください。

ブレノック:面白いエピソードと言ったら、僕らのお気に入りの話があるんだ。この話をすればするほど労災になる可能性があるんだけど(笑)。オットは自分でスタントをしたがるんだ。彼は献身的で演技に打ち込む役者だから、大体のことには良いことなんだけど、ただ、時々疲れてしまうと、手の動きが鈍くなるんだよね。

エピソード1のあるシーンなんだけど、捜査官の鼻をパンチするシーンで、そのパンチをした反動で肘あたりが僕の鼻に当たったんだ。捜査官を演じていたスタントダブルに、本当のパンチを入れてしまったっていうのは現場のみんなが見ていたから、テイクが終わった後にスタントの周りに人が集まって「大丈夫?」って確認して、気を使っていたんだけど、僕自身は鼻血を出していて「誰かティッシュくれないかな」って状態で・・・誰も気づいてくれなかったんだよ。

オット:このテイクの直後に、アレックスとトムが走り去るシーンがあるんだけど、僕は派手にコケてしまったんだ。ブレノックにそんなことしたから、あれはカルマだったね(笑)

ブレノック:そうだね(笑)、連帯感ってことかな。

ーー 本作の最初の撮影は、人里離れた雪山で行われるなど、過酷なアクションシーンを撮影されたようですが、オット・ファラントさんは、スパイという役柄のための役作りはどのようにされましたか。

オット:色々トレーニングやったよ。クラヴ・マガ(イスラエルで考案された接近格闘技)をパーソナルトレーニングつけて学んだんだ。あとは、スノーボードもトレーニングして走ったし、クライミングもした。基本的には体を鍛えたね。

あとは、スタントダブルのゲリン・コネリーは本当に素晴らしくて、僕は自分でスタントをやりたいって気持ちがあったから、彼から色々と教えてもらったよ。すごく楽しかった! 出来る限りスタントは自分でやるようにしたけど、どうしてもやらせてもらえない部分もあったけどね。

雪山をアイロン台を使ってスノーボードのように降りていくシーンがあるんだけど、それはやらせてもらえなかったな。なんでだろう、危険なわけじゃないのに・・・(笑)。まあでも、今まで役作りのために色々トレーニングしたことを、自分の生活にも取り入れればいいなって思ってるよ。

ーー 雪山での撮影で印象に残っていることも教えてください!

オット:撮影の初期にルーマニアに行って、その日は山頂あたりをヘリコプターでグルグル回ってもらってもらったんだけど、それが素晴らしかった! 本当にこれは夢なんじゃないかって何度も自分をつねるほどで、幸運だなって思った。自分がスーパースパイで、こんな綺麗な景色で、太陽が輝いている中、撮影できているのが信じられなかったんだ。とっても特別な日だったよ。

ーー この先、日本に来日することがあったら、何をしてみたいですか?

ブレノック:実は、日本のことについては何も知らないんだよね。日本へ行った友達から「本当にクールで素晴らしかった」っていうのを聞くと、行きたいって思う。話から圧倒されつつもよく知らない国で、日本については文化も何も分からない。ぜひ行きたいけど、誰かに案内してもらわないと。

オット:それは本当にそうだよね。とにかく日本に行ったら、普通の日本人と出会い、普通の日本の日常生活を体験してみたいな。例えば大阪や東京とか都会を回ったり、探検して、食べ物も色々と試してみたい。日本食は大好きだから、たくさん食べたい。

ブレノック:世界中のどこを回っても、観光スポットはあって、誰もがその国に行った時に「あそこに行った」って話になるけど、そこに住む人々と接さないと、多分ちゃんとその街のことを理解することができないと思うんだ。

オット:そうだね。あと、日本のスイーツも試してみたい。おいしいって聞いたんだ!

ーー 最後に、日本での放送を楽しみにしているファンにメッセージをお願いします!

オット:やあ、日本の「アレックス・ライダー」のファンの皆さん、こんにちは。番組をチェックしてくれてありがとう。楽しんでいただけたら嬉しいです! 今は、このパンデミックで大変だけど、ステイセーフでいてね。いつか会えることを願ってるよ。

ブレノック:「アレックス・ライダー」の素晴らしいファンの皆さんこんにちは。ブレノック・オコーナーです。皆さんが番組を楽しんでもらえて、いつか僕たちが日本へ行って直接、挨拶できることを楽しみにしてるよ。そんな日が、きっとすぐに来るかも。

「アレックスライダー」アレックス(オット・ファラント)&トム(ブレノック・オコーナー)

「アレックスライダー」アレックス(オット・ファラント)&トム(ブレノック・オコナー)
© 2020 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved.

今回、たくさんのエピソードを笑顔で話してくれたオット・ファラントとブレノック・オコナー。ふたりの息のあった掛け合いは、同ドラマの見どころのひとつだ。スリル満点のアクション必見、海外ドラマ「アレックス・ライダー」 は、9月5日(土)夜8:30 より海外ドラマ専門チャンネルAXNにて第1話先行放送予定となる。


海外ドラマ専門チャンネルAXNで「アレックス・ライダー」 日本初放送!

【HD二ヶ国語版】 第1話先行放送 9月5日(土)夜8:30スタート!
今秋スタートのレギュラー放送に先駆けて、第1話を先行放送
アンソニー・ホロヴィッツの世界的ベストセラー小説が原作の 最新スパイ・アクション
詳しくはこちら

[あらすじ]
謎の死を遂げた叔父がイギリス政府のスパイだったことを知り、 アレックスの人生は一変。スパイとなったアレックスは、謎の組織へ潜入する。

 

tvgrooveをフォロー!