映画「アクアマン」、続編の企画始動! ホラー映画のスピンオフも

ジェイソン・モモア

現在公開中の映画「アクアマン」の続編企画が本格進行中であることが明らかになった。

米ハリウッドリポーター誌によると、1作目の共同脚本のデヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリックが新作に取り掛かるため雇われたと報じている。

ジェームズ・ワン監督は現在、プロデューサーとしてカムバックするため交渉中。1作目をヒットへ導いた監督としてメガホンを取ることが望まれている。しかしまだそれは明らかになっておらず、脚本が完成したのち監督を務めるかどうか決めるという。

脚本家のデヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリックは、ホラー映画「エスター」でデビュー。他にも「赤ずきん」、「タイタンの逆襲」「死霊館 エンフィールド事件」など多くのヒット作で執筆している。

ちなみに先日の報道によると、「アクアマン」に登場する怪物トレンチを中心としたスピンオフの企画も進行中。ホラーテイストの作品になるといわれている。こちらはトレンチたちが生息する国が舞台となり、アクアマンなどの主要キャラクターは登場しないとのこと。

日本では先週末に公開されたばかりの「アクアマン」。先駆けて本国アメリカなどで去年12月に公開された本作は、世界中で話題に。世界興収 10 億 9000 万ドル(約 1188 億 1000 万円)に達し、遂に全世界興行収入が、DC 映画史上 No.1 の興行成績を記録。シリーズ史上大ヒットを記録しているアクアマンの世界がどこまで広がるのか注目だ。

まるで日本のアニメ!? 映画「アクアマン」、主人公アクアマンと宿敵オームの壮絶なバトル映像公開

2019.02.08

DC映画最新作「シャザム!」、タイトル正式決定! 悪ノリ全開、ギャップヒーロー誕生の新予告が公開

2019.02.08

映画「アクアマン」、躍動感あふれる総勢7名のポスター公開! 全世界を賑わすキャラクターの全貌が明らかに

2019.01.29