『ハリー・ポッター』ハーマイオニー役エマ・ワトソン、オーディションで「最初は混乱した」と明かす! その理由とは

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

世界中で大ヒットしたファンタジー映画シリーズ『ハリー・ポッター』。これまでに8本の映画が製作され、その全てが世界中のファンを魅了した。特に主要キャストをつとめたダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンの3人はこの作品で一躍スターとなった。

この映画を見る限り、エマ・ワトソンのハーマイオニーは適役だったといえるだろう。エマは何時間もかけてセリフを覚え、入念に準備してこの役にのぞんだ。より役に入り込めるよう、共演者のセリフまで覚えたという。

過去にWマガジンのインタビューでエマは、「ハーマイオニーの役をもらったのは9歳のときだったわ。セリフを覚えるのが楽しくてしかたなかったの」と語り、「まるでとりつかれたように台本に目を通してた。1作目をよく見てみて。ハリー・ポッターのセリフに合わせるように、私も口を動かしているシーンがあるから」と当時を振り返った。

エマはこの役を手にいれるまでに、何段階ものオーディションを受けたという。そのたびに、合格の電話がかかってくるのを待ち続けたそうだ。

ところが、最終結果の通知は電話ではなかった。

「プロデューサーのデビッド・ハイマンのオフィスに呼び出されたの。そこで、『君にハーマイオニー役をやってもらいたい』って言われて。最初は混乱したわ。『どうゆうこと?』って」と、当初は実感がわかなかったことを明かしたエマ。

そしてハーマイオニーの衣装を身に付けたとき、ようやく理解できたという。主要キャスト3人はすぐにメディアに公表され、注目を集めることになった。

「(合格が発表されてから)30分後には3人で撮影して、直後にインターネット上で公開されたの。自宅前にはマスコミがいるからって、それからはずっとホテル。まるで映画の中にいるような、世界の変わり方だったわ」と当時の心境を語った。

慣れるまで時間がかかったとうエマだが、1作目の公開から10年近く経った今もなお、ハーマイオニー役は彼女以外考えられないだろう。

オリバー&ジェームズ・フェルプス

『ハリー・ポッター』ロンの双子の兄を演じたジェームズ・フェルプス、自分のキャラクターの運命を知ったのは日本にいる時だった! 「新幹線の中で極度のショックを受けた」と明かす

2020年9月3日
ジェシー・ケイヴ

『ハリー・ポッター』ロンの恋人ラベンダー役を演じたジェシー・ケイブが、14歳の時にテニスコーチからレイプされたことを告白

2020年8月30日
『ジュラシック・ワールド ドミニオン(原題)』

『ジュラシック・ワールド』最新作、新型コロナウイルスの影響により再び撮影中断へ

2020年8月20日
ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 –メイキング・オブ ハリー・ポッター

ワーナー ブラザース「ハリー・ポッター」スタジオツアー東京が、としまえん跡地に2023年前半オープン

2020年8月19日
ハリー・ポッター

もしハリー・ポッターが、スリザリン寮に入っていたとしたら!? マルフォイと親友になっていた可能性も…?

2020年8月12日
tvgrooveをフォロー!