リブート版「ゴシップガール」、10月からついに撮影開始へ! その撮影地や、オリジナル版との大きな違いも明らかに

「ゴシップガール」
「ゴシップガール」

人気海外ドラマ「ゴシップガール」のリブート版が、今年10月からついに撮影がスタートすることが明らかになった。米Varietyなどが伝えている。

「ゴシップガール」は、アメリカ・ニューヨークの高級住宅街アッパー・イーストを舞台に、そこで暮らすセレブ高校生たちの恋愛や友情、犯罪や家族模様を描き、世界の若者から人気を得たドラマだ。そして去年、そんな「ゴシップガール」のリブート版が制作されることが発表され、「HBO Max」にて配信が決定し、ファンたちは大盛り上がりとなった。

U-NEXT
「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」、「AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章」、新「ゴシップガール」・・U-NEXTにて独占配信中!

リブート版は、オリジナル版から8年後が舞台となっており、ニューヨークのセレブ高校生たちとSNS「ゴシップガール」との関わりを描くという。また主演を女優のエミリー・アリン・リンドが務め、ほかにもトーマス・ドハーティ、アダム・チャンラー・ベラト、ジオン・モレロらが出演することが決定しており、オリジナル版でゴシップガールの声を担当したクリスティン・ベルが続投することも明らかになっている。

そんなリブート版「ゴシップガール」は、新型コロナウイルスの影響により撮影が延期となり、当初は2020年の間に配信を予定していたが、来年2021年に先延ばしに。

しかし、最新情報では、今年10月からついに撮影を開始することが明らかになったのだ。

ワーナーブラザーズの広報担当者によると、詳細は流動的であるものの、10月末から撮影を開始予定だという。また撮影は、舞台のニューヨークはもちろん、ロサンゼルス、そしてカナダのバンクーバーでも行われるという。

さらに先日、リブート版「ゴシップガール」のクリエイター、ショーランナー、エグゼクティブプロデューサーのジョシュア・サフランがツイッターでファンからの質問に応じ、ネタバレはしなかったものの、リブート版は、とてもセクシュアルマイノリティを取り入れたものになり、オリジナル版との大きな違いは、キャラクターたちの多様性を取り入れているものになると明かした。

U-NEXT
「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」、「AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章」、新「ゴシップガール」・・U-NEXTにて独占配信中!

ゴシップガール

人気海外ドラマ「ゴシップガール」、初期のパイロット版の矛盾点がファンによって暴かれる! その内容とは[動画あり]

2020年8月24日
チェイス・クロフォードと、ペン・バッジリー

「ゴシップガール」は時代を先取りする画期的ドラマだった!? ダン役ペン・バッジリーとネイト役チェイス・クロフォードが対談で思い出話を語る[動画あり]

2020年7月3日
ペン・バッジリーと、ブレイク・ライブリー

「ゴシップガール」ダン役ペン・バッジリー、私生活でも交際していたセリーナ役ブレイク・ライブリーとのあるエピソードを明かす! 実はいらないものをプレゼントされていた…!?[動画あり]

2020年7月2日
エド・ウェストウィック

「ゴシップガール」チャック・バス役のエド・ウェストウィックの重大発表が期待ハズレでファンたちが怒り炎上! これにエド本人が反論文を投稿[写真あり]

2020年6月16日
ゴシップガール

ファンショック! リブート版「ゴシップガール」、撮影が遅れ配信が2021年になってしまうことが明らかに

2020年5月24日
tvgrooveをフォロー!