女性版『ハルク』役に「オーファン・ブラック」タチアナ・マスラニーがほぼ確定!ディズニープラスにて配信

タチアナ・マスラニー
タチアナ・マスラニー

ディズニープラスで配信が決定している女性版ハルクのドラマシリーズ「She-Hulk(原題)」の主演に、SFドラマ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」で主人公を演じたタチアナ・マスラニーが決定しそうだ。Varieyが報じている。

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニープラスの「She-Hulk」の主人公は弁護士のジェニファー・ウォルターズで、“ハルク”であるブルース・バナーのいとこ。ジェニファーはブルースから輸血を受けたことにより、ハルクのスーパーパワーも手に入れる。しかしハルクとは違い、スーパーパワーが発動中でも彼女は自分自身の性格や知識を保つことができ、感情もコントロールすることができる。

Varietyに関係者が話したところによると、この主人公ジェニファー/She-Hulk役に「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」で主人公や彼女のクローンを何人も演じ分けて見事エミー賞初受賞を果たしたタチアナ・マスラニーがほぼ決定しており、契約を結ぶ手前だという。

また今週初めには、同作の監督と製作総指揮にキャット・コイロが決定したことも報道された。さらにショーランナーと脚本にはジェシカ・ガオも決まっており、女性が多く起用されている。

ディズニープラスでは「She-Hulk」の他にも多くのマーベルドラマのプロジェクトが進行中。「Falcon and the Winter Soldier」「WandaVision」は今年中に公開が決定しており、その後2021年初めには「Loki」の配信も控えている。

『ブラック・ウィドウ』

マーベル最新作『ブラック・ウィドウ』再び延期!? 大都市ロサンゼルスの映画館はいまだに閉鎖中

2020年9月16日
クリス・ヘムズワース

クリス・ヘムズワース、『マイティ・ソー』の最新作の後はマーベル作品を引退する? その質問にクリスがおもしろ返答

2020年9月14日
ブラックパンサー

マーベル『ブラックパンサー』、本拠地「ワカンダ」が有名オンライン辞書に正式に登録される

2020年9月14日
ロバート・ダウニー・Jr.

『アベンジャーズ』ロバート・ダウニー・Jr.、もうマーベル作品には出演しないと断言! 「やることは全て終えたよ」

2020年9月6日
タイカ・ワイティティと、ジェフ・ゴールドブラム

タイカ・ワイティティ監督の『スター・ウォーズ』最新作、あのマーベル俳優が出演か

2020年9月2日
tvgrooveをフォロー!