ゼンデイヤ、エミー賞でドラマ部門主演女優賞を受賞! 初ノミネートにして初受賞、さらに同部門の最年少記録も樹立し大興奮&涙[動画あり]

ゼンデイヤ
ゼンデイヤ

人気女優のゼンデイヤが、米時間9月20日に開催された第72回エミー賞授賞式にて、ドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」でドラマ部門主演女優賞を受賞した。

ゼンデイヤは去年公開された、ドレイクが製作総指揮を手がけたドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」のルー・ベネット役として主演を務めた。同ドラマは、現代のティーンエイジャーたちが、不安と混乱が入りまじる社会で生きる物語で、ゼンデイヤ演じるルーは、17歳でドラッグ中毒となり、リハビリ施設から出るも更生できずにいる、ディープなテーマを扱ったドラマとなっている。

そんなゼンデイヤが先日、第72回エミー賞でドラマ部門主演女優賞にノミネートを果たしたことが発表され、SNSで「正直言葉にならない。私の心は愛と感謝で溢れているわ。家族と呼べる才能ある人々と共に仕事ができて本当に光栄です。私は美しいパズルの一つの小さなピースで、みんなを本当に誇りに思います。ドラマを見てくれたみんなありがとう!」と、さらに制作に関わった人々への感謝を述べ、エミー賞ノミネートを祝福した。

そんなゼンデイヤが、初ノミネートにして初受賞を果たしたのだ。

司会のジミー・キンメルが受賞を発表すると、大興奮でトロフィーを受け取ったゼンデイヤ。初ノミネートにして初受賞。またゼンデイヤはまだ24歳で、同賞のこのカテゴリーでは最年少記録であることも明らかになった。

うれしさで感極まったゼンデイヤは「テレビアカデミー、そしてこのカテゴリーでのすべてのすばらしい女性のみなさんに感謝いたします。私はあなたたちのことが大好きで…もうこれってクレイジーで、泣きたくないけど…。HBO、A24の全てのサポートに感謝します。そして私の家族、チームにも感謝しています。ここにいてくれてありがとう。『ユーフォリア/EUPHORIA』のすばらしいキャストとスタッフたち、みんなと毎日一緒に仕事ができて幸せでした。みんなの全てにインスパイアされました。そしてサム・レヴィンソン、あなたには本当に感謝しています。あなたの物語で、私のことを信じてくれたことに感謝しています。これからも誇りに思ってもらえるようがんばります。今は(コロナにより)お祝いするのにはとても奇妙な時期ですが、若い人々には希望があります。私たちのドラマは、いつでもいいお手本となったわけではありませんが、でも若者には希望があるのです。この業界での私と同輩の人々のことも私は見て、そして大好きで感謝しています。本当に本当にありがとう!」と、心を込めて感謝のメッセージを述べた。

ラミー・ユセフのツイッターより

新型コロナウイルス大流行の中のエミー賞!リモート参加の受賞候補者の前に現れたプレゼンター、コロナ対策が完璧すぎて話題に[動画あり]

2020年9月21日
ゼンデイヤ(左)、ティモシー・シャラメ

まるでポエム! ティモシー・シャラメがゼンデイヤに送った誕生日メッセージが素敵と話題[写真あり]

2020年9月2日
ゼンデイヤ

ゼンデイヤ、活動家と呼ばれることには実は抵抗がある!? 「私はただの女優なの」

2020年8月10日
ゼンデイヤ

ゼンデイヤ、アフリカ系アメリカ人の女優として感じる大きな責任について明かす! 「時々怖くなることもある…」そう語った理由とは

2020年6月27日
ゼンデイヤ

ゼンデイヤのファン、午後2時起きのゼンデイヤのライフスタイルを心配?「早く起きて!」

2020年5月22日
tvgrooveをフォロー!