ジャスティン・ビーバー&チャンス・ザ・ラッパー、生活苦の人々になんと計2600万円を寄付! 実際寄付してもらったユーザーがその興奮を語る

ジャスティン・ビーバーと、チャンス・ザ・ラッパー
ジャスティン・ビーバーと、チャンス・ザ・ラッパー

人気歌手のジャスティン・ビーバーと、人気ラッパーのチャンス・ザ・ラッパーが、生活苦の人々になんと25万ドル(約2600万円)を寄付した。

ジャスティン・ビーバーといえば、9月18日に、チャンス・ザ・ラッパーが参加した新曲「Holy」をリリース。「君に抱きしめられると、神聖な(Holy)気持ちになるんだ」と歌い、愛する人への気持ちが表現されている。またリリースと同時にミュージックビデオも公開され、作業服に身を包んだジャスティンがある日突然、現場から解雇され職とアパートを失い、パートナーと共に路頭に迷うところを、車で通りがかった軍人に助けられるという感動的なストーリーに仕上がっている。

9月25日、ジャスティンはツイッターで「『Holy』への愛に感謝します。チャンス・ザ・ラッパーとぼくは、この大変な時期に影響を受けた人々のために今日、トータル25万ドル(約2600万円)を寄付するために、『Cash App』とパートナーシップを結びました。シェアしたいと感じたら、君のストーリーをぼくたちに教えてね。君の『$cashtag』をドロップして、#JBChanceHolyのハッシュタグをつけて投稿してね」と書きつづり、大規模な寄付を行うことを発表した。

ケイティという名前のあるネットユーザーは「私の家と私のお母さんの家、そしてボーイフレンドの家は、8月27日にハリケーン・ローラによって屋内と屋外にたくさんの被害を受けました。どんなご支援もとても感謝いたします」と書きつづり、その被害の様子の動画も添付した。これを見たジャスティン側は、このユーザーに500ドル(約52000円)を寄付。ユーザーはおどろきながらも、ジャスティンとチャンスたちに「この上なく感謝しています!本当に大好きです!」とつづった。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、多くの人が仕事や生活に打撃を受け、解雇された人々も多くいた。ジャスティンはそんな人々を励ましたいという想いから「Holy」のミュージックビデオを制作。そしてそれだけでなく、実際に金銭面での支援も行っている。

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、新曲「Holy」の舞台裏映像が公開! 「思いやりの行動が誰かの人生や、その一日を変えることができる」[動画あり]

2020年9月25日
ジョニー・オーランド

カナダ発の新星シンガー・ソングライター、ジョニー・オーランドにインタビュー! 次のジャスティン・ビーバーと呼ばれることについてどう思う…? さらに「日本は一番行きたいところ」とうれしいコメント[写真・動画あり]

2020年9月24日
こっそり登場のジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、自身の曲を歌うゴスペルグループに「ご本人登場」でサプライズ! 会場が騒然となる[動画あり]

2020年9月22日
ジャスティン・ビーバー (Photo Credit:Mike Rosenthal)

ファン待望!ジャスティン・ビーバーの新曲「HOLY」、感動的なMVとともに解禁[動画あり]

2020年9月18日
ABEMA『ドラ恋』キービジュアル

ジャスティン・ビーバー、ABEMA『ドラ恋』にて日本初のドラマタイアップ決定

2020年9月18日
tvgrooveをフォロー!