ディズニー、『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック・スパロウのキャラが濃すぎるためジョニー・デップに注意していた!その時ジョニーは・・・

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

1960年代に誕生したディズニーランドのアトラクション「パイレーツ・オブ・カリビアン」から生まれた同名アドベンチャー映画。人気俳優ジョニー・デップが演じる主人公の海賊、ジャック・スパロウは人気を博し、ジョニーを代表するキャラクターの一つとなった。今や世界中から愛されるクセのあるキャラクター、ジャック・スパロウだが、もしかすると今ほど人気が出ていなかったかもしれない。

View this post on Instagram

Sparrow?⚓⛵ #POTC5

A post shared by Pirates of the Caribbean (@pirates.ofthe.caribbean) on

先日のEuronewsの報道によると、ディズニーの幹部は、ジョニーの演技が「やりすぎだった」と考えていたと明らかにした。スタジオの代表者は、ジャック・スパロウに対するジョニーの解釈について「死ぬほど怖かった」と説明しており、彼の演技をトーンダウンしてもらうようにジョニーに求めたのだという。しかし、その時、ジョニーはその要求を拒否。逆にそのスタジオの懸念が、彼のモチベーションを上げたようだ。

ScreenRantによると、ジョニーは「彼ら(スタジオ)は緊張していた。誰もキャプテン・ジャックの言葉を理解できないのではと心配していたんだ。彼らに『彼は酔っているのか?君が酔っているのか?彼の手はどうなっているんだ?』と聞かれた。でも僕は少しも落胆しなかった。逆に駆り立てられた。僕はもし彼らが心配していたら、それは自分の仕事ができているってことだとわかっていたからね。彼らはキャラを抑えるように言ったけど、僕は逆に役をターンアップさせたんだ」と語っていたという。

もし、この時、ジョニーがディズニースタジオから求められていたように、キャラクターのクセを抑えてしまっていたなら、今ほど人気が出ていなかったのかもしれない。ジョニーの演じるジャック・スパロウは、ユーモアや悪ふさけの面、そして奇妙な面もありながらも、多くの観客が感情移入できる面も持ち合わせている不思議なキャラクターに仕上がっている。ジョニー・デップがこの役を演じていなければ、これほどまでに愛されるジャック・スパロウは誕生していなかったことだろう。

ジョニーはこれまでジャック・スパロウとしてディズニーランドでサプライズ、病院訪問などをしてファンたちを喜ばせている。

マーゴット・ロビー

ディズニー、『パイレーツ・オブ・カリビアン』を2パターン制作中! マーゴット・ロビーが主演

2020年6月29日
ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズより

『パイレーツ・オブ・カリビアン』俳優、ディズニー・スタジオは新作について「間違いなく話し合ってるよ」とコメント! ジョニー・デップ出演の可能性は?

2020年4月15日
パイレーツ・オブ・カリビアン

新『パイレーツ・オブ・カリビアン』に進展アリ!「チェルノブイリ」の脚本家を加え新しい物語を作り上げる

2019年10月28日
パイレーツ・オブ・カリビアン

新たな『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、やっぱりジョニー・デップ抜き? シリーズ出演俳優が心境を明かす

2019年10月24日
「パイレーツ・オブ・カリビアン」

ジョニー・デップ抜きの新「パイレーツ・オブ・カリビアン」、早くも暗礁に乗り上げる

2019年2月16日
tvgrooveをフォロー!