新たな『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、やっぱりジョニー・デップ抜き? シリーズ出演俳優が心境を明かす

パイレーツ・オブ・カリビアン

全世界の興行収入が45億ドル(約4880億円)以上と大ヒットしているディズニーの『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ。その新作に、重要キャラクターであるジャック・スパロウ役のジョニー・デップの出演の可能性がかなり低いのではないかとウワサされている。

ディズニーリゾートのアトラクションに基づいた作品でこれまでのヒットとなった作品は他にないだろう。そんな『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第5作目である『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales )』は、世界での興行収入が8億ドルを突破。そのため続編に期待の声が高まるが、一方で、ディズニー側の製作は一向に進んでいないようだ。

関係者の話によると、ディズニーは『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作の企画をすすめることに積極的ではあるが、ジョニー・デップなしで進めることを望んでいるのだとか。

米サイトCINEMA BLENDは、第一作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(原題:Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl)』に出演した俳優にコンタクトをとったようだ。

体の中に爆弾を詰め込まれた海賊ジャコビーを演じたビンス・ロザーノは「ジョニー・デップのジャック・スパロウは非常に強力なイメージを持っていて象徴的だ。オーランド・ブルームやキーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュもそうだけど。彼らの役はとっても印象的だから、どのキャラクターも他の俳優に交代することなんてできないだろう。ジャックを別の俳優が演じるとしたら、それは賢くない選択だね」とコメントした。

さらに、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで小柄ながらも力強いマーティ役を演じたマーティン・クレバは「ジョニー・デップはこのシリーズに必要だ。もしジョニー抜きで新作の話が進むのであれば、ジョニーに負けないくらいのビックネームの俳優を起用すべき」と複雑な心境を明かした。

この二人の海賊だけがジョニーのジャックを熱望しているわけではなく、世界中のファンは、シリーズにジョニーを戻すよう請願を用意しているとのこと。

同シリーズの成功を考えると、シリーズの消滅は考えにくいが、ジャックが登場するかどうかはまだ謎のままだ。

ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、撮影スタッフ暴行起訴の裁判が2020年5月に延期へ 元妻アンバーとの裁判もあり泥沼状態

2019年10月19日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップの星型プレート「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」、「イカサマ」とゲスなイタズラ書きをされる

2019年10月3日

ジョニー・デップ、俳優になれたのはニコラス・ケイジのアドバイスのおかげだった! ニコラス本人が当時のエピソードを語る

2019年8月16日

アンバー・ハード、ジョニー・デップに塗料の缶を投げつけ「デブ」とののしった!? ジョニーの不動産管理人が証言

2019年7月31日
「パイレーツ・オブ・カリビアン」

ジョニー・デップ抜きの新「パイレーツ・オブ・カリビアン」、早くも暗礁に乗り上げる

2019年2月16日
tvgrooveをフォロー!