カナダ人のエンジニア、なんと『スター・ウォーズ』に登場するリアル「ライトセーバー」の開発に成功か!? 驚きの動画に注目集まる[動画あり]

ジェームズ・ホブソン
ジェームズ・ホブソン

カナダ人のエンジニアが、あるモノを作り上げた。そのあるモノとは、第一作目が発表されて以降40年以上の間、ずっとファンが持ち望んだモノ、映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する武器「ライトセーバー」だ。おもちゃではなく、ビームのように発せられる刃の部分も格納できるようになっている。

木曜、カナダ人エンジニアでありユーチューバーとしても活動するジェームズ・ホブソンは、自身が手がけるオンラインプラットフォーム「The Hacksmith」に1本の動画を投稿した。動画の中で彼は、彼とそのチームが開発に成功した本物ソックリのライトセーバーの裏側を明かしたのだ。動画は既に1300万回の再生数を記録している。

【動画】4000° PLASMA LIGHTSABER BUILD (RETRACTABLE BLADE!)

動画に登場するライトセーバーは、そのパワーを背中にせおったリュックサックから供給する。リュックサックと繋がった柄の部分からは、酸素とプロパンガスを混合させたものが安定的に発せられ、それが映画内で登場するライトセイバーと同じような「ビーム」になるのだ。発せられたビームはおおよそ2204℃もの高温となり、鉄でさえも容易に切り裂くことができる。

ジェームズ・ホブソンはさらに、ホウサンなど様々な要素を加えるだけで「ビーム」部分の色を変えられることも明かしており、ファン達にとって自分のお気に入りキャラクターのライトセーバーをつくることができるようになっているという。

今回のように、リアルなライトセーバーの開発はホブソンにとって初めてのことではない。これまでにもよりリアルに近づけるべく試作を繰り返し、そのたびにオンライン上で公開してきたが、ファンからの「これじゃない」との批判も多かったそうだ。

ホブソンは動画内で、「今の時点で本物に限りなく近いライトセーバーをとうとう作り上げたよ。もちろん、テクノロジーを駆使してのものだ。見た目はもちろん、音や温度まで。もうこれは『ライトセーバー』だよ」とコメントしている。

ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン、過去に出演した『スター・ウォーズ』を自身の子供たちに見せていないことを告白! その理由とは

2020年10月12日
オビ=ワン・ケノービ

『スター・ウォーズ』EP3でオビ=ワンはわざとアナキンを生かした? とあるファンの推測に注目集まる

2020年10月12日
ユアン・マクレガー演じるオビ=ワン・ケノービ

『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービのスピンオフが来年3月から撮影開始決定! 物語のさらなる詳細も明らかに

2020年10月11日
ユアン・マクレガー

『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービ役ユアン・マクレガー、「『スター・ウォーズ』の人気に驚いている」と明かした理由とは

2020年9月14日
レイと、オビ=ワン・ケノービ

『スター・ウォーズ』レイ、当初はオビ=ワン・ケノービの子孫になる予定だったと告白! 「案は変わり続けていたの」[動画あり]

2020年9月10日
tvgrooveをフォロー!