歌手ホールジー、本名アシュリーからホールジーという芸名にした悲しい理由を明かす 「自分らしくいるだけでは不十分だった」

ホールジー
ホールジー

人気歌手のホールジーが、本名アシュリーからホールジーという芸名にした理由を明かした。

ホールジーは、2014年に最初のレコード契約を結び、デビューEP「ルーム93」をリリース。2015年にはデビュー・スタジオ・アルバム「バッドランズ」をリリースし、ビルボード200で初登場2位を記録。その後も、次々とヒット曲をリリースし、現在も第一線で活躍し続けている。

華々しい活躍のイメージのホールジーだが、彼女には私たちが知らなかった様々な苦悩があったようだ。

11月10日、ホールジーは数年にわたり制作してきた詩集「I Would Leave Me If I Could」を発売。“できるなら自分でも自分のことを見捨てていたでしょう”というタイトルで、過去にDVを受けたり、ドラッグを使用していた元恋人の話など、不健康な恋愛についてを生々しく詩で書きつづっている。

そんなホールジーが詩集の出版のプロモーションで、雑誌「コスモポリタン」のインタビューに応じた。その中でホールジーは、本名のアシュリーからホールジーというステージネームにした本当の理由について明かしたのだ。

ホールジーは「人は私について聞くと、私の話を無一文から成りあがったみたいに描こうとするけどそれは真実ではないの。それはとてもスローで、苦痛なプロセスだった」と話し始めた。さらに「振り返ってみると、10代の女の子だった私がファーストアルバムの『バッドランズ』をリリースしたことを誇りに思っている。私に対し全ての可能性を持っていたからね。私は音楽業界の誰のことも知らなかった。私はニュージャージーからやってきて、お金もなくて、大学さえも行けなかったからね」と当時を振り返った。

「その過程で私が名前を変えたのは、私には自分であるだけでは不十分であると理解する先見の明があると思っていたからなの。私は完全に違う誰かにならなければいけなかった。その時、私はアシュリーは特別じゃないから有名になって成功するに値しないと感じていて、でもホールジーなら、彼女ならそうなれるって感じたの」と、ステージネームをつけた経緯を告白した。

ホールジーにとってステージネームをつけることが、彼女の新しいペルソナを形成する機会となったようだ。「アシュリーはキングになる方法はなかったけど、新しい名前をつけて、彼女をパラノーマル(超常的)で、スーパーナチュラル(神秘)の高みまで連れていけたの」

ホールジー

人気歌手ホールジー、劇的イメチェンで坊主に!TikTokで剃りたてのバズカットを披露[動画あり]

2020年10月20日
シドニー・スウィーニーと、ホールジー

ホールジーが本格女優デビュー! 新作ドラマ「ザ・プレイヤーズ・テーブル」でシドニー・スウィーニーと共演

2020年9月11日
ホールジー

ホールジー、超痛そうなハプニングで足首を骨折! 「ステージ以外ではおっちょこちょいなの」[動画あり]

2020年5月27日
左からエヴァン・ピーターズ、ホールジー、ヤングブラッド

超ラブラブだったホールジー&エヴァン・ピーターズが破局? さっそく元カレのヤングブラッドとランチしている写真を投稿[写真あり]

2020年3月24日
tvgrooveをフォロー!