ファレル・ウィリアムス、楽曲の所有権を主張するテイラー・スウィフトを擁護 「そんな業界、世界全体でみてもありえないよ」

ファレル・ウィリアムスと、テイラー・スウィフト
ファレル・ウィリアムスと、テイラー・スウィフト

歌手のテイラー・スウィフトは現在、自身の過去のアルバムの原盤権をめぐって、音楽マネージャーのスクーター・ブラウンと法廷闘争を繰り広げている。

そして先月、彼女のかつてのレコード会社ビッグ・マシーン時代のマスタ―音源の権利が、スクーター・ブラウンによって未公開株式投資会社シャムロック・ホールディングスに3億ドル以上で売却されたと報じられた。この報道の直後、テイラーはツイッターにて、売却には最後まで抵抗したこと、最後には許可なく実行されてしまったことを告白していた。

これについて、歌手でプロデューサーのファレル・ウィリアムスが先日、Variety紙のインタビューに対し、テイラー・スウィフトを擁護する姿勢を見せている。

ファレル・ウィリアムスはテイラーがこれに対抗し、音源を全て再録音すると主張していることに共感するとして、「アーティストがデビューするにあたって、その楽曲の所有権がないなんてことがあっていいのだろうか。そんな業界、世界全体でみてもありえないよ」と音楽業界においてアーティスト自身が持つ権利があまりにも少ないことに苦言を呈した。

さらに、テイラー現在の状況については、「非常に不運であり、同情する。今のシステムは間違ったことばかりだ。スクーターはビジネスマンでありながら、アーティストの代表であるはずなんだよ。彼の視点で見て良いと思ったから買収したのかもしれないけれど、アーティストにもその所有権を主張する機会があってもいいはずだ」と語った。

ファレル自身は、コロンビア・レコーズから自身のマスター音源の所有権を取得している。これについて、「大きな一歩だった。でも、そうであるべきではない」と語り、「こんなことを祝うべきではないんだ。アーティストにとっては当たり前のことなんだから」と付け加えた。

テイラー・スウィフトと、スクーター・ブラウン

テイラー・スウィフト、スクーター・ブラウンとスコット・ボーチェッタとの論争は“泥沼離婚”のように感じたと明かす さらにあの破局映画にインスパイアされていた・・?

2020年12月11日
ファンが注目したシーンとは・・??

テイラー・スウィフト、新CMで宿敵スクーター・ブラウンをディスる? ファンが注目した「とある物」とは・・・?[動画あり]

2020年12月3日
テイラー・スウィフト(左)、スクーター・ブラウン

テイラー・スウィフトの楽曲版権をスクーター・ブラウンが売却! テイラー本人が声明を発表し驚きの「裏のやりとり」を暴露[写真あり]

2020年11月17日
テイラー・スウィフトと、カニエ・ウェスト

カニエ・ウェスト、なんと宿敵テイラー・スウィフトを全面サポート!? 「スクーター・ブラウンから版権を取り戻す」とツイート

2020年9月21日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトがなんと特殊メイクで男性に変身した、「The Man」の新MVが公開! スクーター・ブラウンを彷彿とさせる、隠された22のメッセージが話題に[動画あり]

2020年2月28日
tvgrooveをフォロー!