レディー・ガガ初主演映画「アリー/ スター誕生」、感動のメイキング映像が初公開! スターへと駆け上がってゆくシンデレラストーリーの裏側とは?

歌手の夢をあきらめていたアリーが、ウェイトレスからスターへと駆け上がっていくシンデレラストーリーを描く、全編名曲で彩る感動のミュージカル・ドラマ『アリー/ スター誕生』より、本作の主題歌で、“シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた”に乗せ、本編の感動の舞台裏を凝縮させた特別長尺メイキング映像が公開となった。

主題歌を収めた『アリー/ スター誕生 サウンドラック』は、全米アルバム・チャート 3 週連続 1 位という記録を打ち立て、「ラ・ラ・ランド」や「グレイテスト・ショーマン」、「ボヘミアン・ラプソディ」のサウンドトラックを越える快挙を達成。

公開されたメイキング映像は、なんと約4分という長尺なもの。アリー(レディー・ガガ)とジャクソン(ブラッドリー・クーパー)の愛のドラマ、そしてアリーがスターへと駆け上がってゆくシンデレラストーリーの裏側を丁寧に紡ぎ、思わず感涙の映像となっている。

【動画】映画『アリー/ スター誕生』主題歌スペシャル映像

アリーを演じたレディー・ガガは、この“シャロウ~”を含めた数々のオリジナル楽曲に関して、「私はアリーの目線でうた作っていったの。だからアリーの物語が進むにつれて、彼女の歌う“うた”も変わっていくわ。そしてこの作品の中に登場する“うた”は、どれも自然な形で生まれるようにしたかった。だからアリーがジャクソンと恋におちるとき、彼女は彼の音楽や、彼のバンドにインスピレーションを受けているようにしたかったのよ。サウンドドラックに入っている、多くのうたは、ジャクソンの音楽から影響を受けているのよ。」と語り、アリーがスターダムを駆け上がるにつれて、彼女の歌う“うた”も変化してゆくことを語っている。

ベネチアや、トロントなど主要な国際映画祭で上映された本作は、圧倒的な支持を受け、名だたるメディアからも称賛を受けた。また公開された国々で軒並みヒットを飛ばし、全世界の興行収入は400億円を突破。

更にはアカデミー賞の前哨戦として注目されるゴールデン・グローブ賞では、作品賞、主演女優賞、主演男優賞、監督賞、主題賞の5部門をノミネートされるなど、今世界中が愛と成功を自らの力でつかみ取ってゆくアリーの感動の物語に共感している。

ガガは、日本のファンにこう語る。「日本のファンの皆さんには『自分自身に正直でいないさい』と言いたいわ。自分が何者なのか?それは誰しもが自問し、それぞれに悶え苦しむものだと思うの。でも一番大事なことは、自分の内なる声に耳を傾けることよ。ありのままでいて良い。ありのままの自分を愛して良いのよ。」

愛と成功のはざまで、主人公アリーが最後につかんだものとは? 観る者を釘づけにするレディー・ガガ書き下ろしの楽曲たち、そして身全霊で挑んだ圧巻のパフォーマンス。ブラッドリー・クーパー監督が描く一生忘れないほどの“エモーショナルな体験”が、この冬、日本中を感動の涙で包み込む。

公開情報

『アリー/ スター誕生』
12月21日(金)全国ロードショー
ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
http://starisborn.jp
#スター誕生