『スター・ウォーズ』ヨーダが犯した、3つの大きな間違いとは

ヨーダ
ヨーダ

ジェダイ・マスターのヨーダといえば、『スター・ウォーズ』シリーズの中でも聡明で気高いキャラクターの1人だ。そんなヨーダが下す決断は、いい結果をもたらすことが多かった。

しかしながらこれまでには、もしかすると別の手段の方がよりいい展開を望めたのでないかと思われるものもあった。ヨーダには予知能力があるとも言われてきたが、いつもその能力を発揮できたわけではなかったようだ。今回は、彼の判断が間違っていたかもしれないと思われるシーンを紹介しよう。

3位 パルパティーンと戦う際にフォース・ライトニングを使わなかった

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にて、ヨーダがルーク・スカイウォーカーと精神的なつながりを持つシーン。この中で、ヨーダは空からイナズマを呼び起こし古くからある木に火をつけた。彼はなぜ、この力を惑星コルセントでパルパティーンと対決する際に使わなかったのだろうか。このような力あれば、戦いは一瞬で終わっていただろう。

2位 ダース・シディアスと1人で戦った

『スター・ウォーズ/シスの復讐』で繰り広げられたヨーダとダース・シディアスの戦いは、シリーズ史に残る激戦と言えるだろう。しかし、ヨーダが1人で立ち向かったのは間違いだった。ダース・シディアスはヨーダのパワーと経験値をもってしても敵う相手ではなかったのだ。もしオビ=ワンと手を組んで戦っていれば、展開は変わっていただろう。

1位 ルークとレイアの修行をしなかった

ヨーダはルークとレイアを幼いうちから鍛え上げるのではなく、彼にとって問題ないと考えられる年齢まで成長するのを待っていた。ルークの修行を始めてからでさえ、レイアはあくまでも予備だと考え、彼女に力を注がなかったのだ。もし2人を幼いころから鍛えていれば、2人は強力なジェダイの騎士となり、帝国と戦っていたことだろう。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、ヨーダの教訓を完全無視していた!? 気になるそのシーンとは・・

2020年12月3日
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

『スター・ウォーズ』、エピソード5でルークがヨーダのもと修行した“悪の洞窟”の謎が明らかに

2020年11月13日
ヨーダと、ダーク・シディアス

『スター・ウォーズ』なぜヨーダはパルパティーンとの対決で逃げ出したのか ノベライズ版でヨーダの心境が明かされる

2020年10月7日
「Star Wars: The High Republic」の若きヨーダのコンセプトアート

「スター・ウォーズ」コミック新作の主人公は若きヨーダに! シワと白髪が減った(?)ヨーダのコンセプトアートも公開[写真あり]

2020年9月4日
ヨーダ

『スター・ウォーズ』でヨーダがダークサイドに落ちていたら、最強のシス・ロードになっていた!? その理由とは

2020年8月19日
tvgrooveをフォロー!