ケヴィン・ファイギが描く『スター・ウォーズ』はどのようなものに・・? また「ロキ」の脚本家が参加することが決定し、ファンたちの期待がさらに高まる

ケヴィン・ファイギ
ケヴィン・ファイギ

昨年12月、2023年に公開される世界待望の『スター・ウォーズ』シリーズ新作が『ローグ・スクワドロン(原題:Rogue Squadron)』になることが発表された。監督は『ワンダーウーマン』などで知られるパティ・ジェンキンスがつとめる。また、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが制作に参加するとされる別の『スター・ウォーズ』映画については、まもなく公開される「ロキ」なども手がけているマイケル・ワルドロンが脚本をつとめることもわかった。

こうして脚本家がわかったわけだが、気になるのはその内容だ。これまでと同じキャラクターが登場するのか、それとも全く新しいものばかりなのか。これまで繰り広げられてきた『スター・ウォーズ』史のどこかを切り取るのか、それとも新たに開拓していくのか。ファンたちはすでに多くの予想を展開しているが、どれも良いものばかりだ。

また今回、ケヴィン・ファイギがマーベル作品の脚本家を採用したように、今後もマーベルの関係者が参加する可能性も多いにある。例えば『キャプテン・マーベル』で主人公を演じた女優のブリー・ラーソンは、『スター・ウォーズ』の大ファンであることを公言しているため、もしオファーが来たら、ただちに引き受けるだろう。

そして最新の「スター・ウォーズ」書籍といえば今月5日に発売された「The High Republic」だが、ファイギがこの作品の映画化を手がける可能性も捨てきれない。

現時点では、彼の映画はどのような内容にもなりえるのだ。そしておそらく、実際に我々の元にとどくのは『ローグ・スクワドロン』とタイカ・ワイキキの作品に続き3番となるだろう。むしろこの作品に関わるスタッフでさえも、まだいつになるか知らないのではないだろうか。

ロバート・ダウニー・Jr.

ロバート・ダウニー・Jr.、『スター・ウォーズ』新作で“あの役”を演じるのではないかとのウワサが浮上! そのウワサの発端とは・・

2021年1月10日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』レイの両親はなぜパルパティーンに命を奪われたのか

2021年1月10日
デイジー・リドリーと、ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フィンとレイのラブストーリーはボツになっていた!? ノベライズ版作者が裏話を語る

2021年1月6日
ひょっこり映り込むジョージ・ルーカス

こんな偶然あり!? 『スター・ウォーズ』ジョージ・ルーカスがなんとたまたま「奇跡の映り込み」! ファンが大よろこび[動画あり]

2021年1月6日
デイジー・リドリー

『スター・ウォーズ』レイ役デイジー・リドリー、私生活について話さない理由を明かす

2021年1月5日
tvgrooveをフォロー!