レディー・ガガ、新大統領就任式で感動の国歌斉唱! 彼女が胸に光るブローチに込めた意味とは・・・?[写真あり]

レディー・ガガ
レディー・ガガ

人気歌手のレディー・ガガが、アメリカ合衆国の新大統領であるジョー・バイデン氏の就任式に出席。圧巻の歌声で国歌を斉唱した。

米時間1月20日、アメリカのワシントンD.C.にあるホワイトハウスにて、新大統領となったジョー・バイデンの就任式が開催。この式典にて、ジョー・バイデン支持者である歌手のレディー・ガガが国歌斉唱を担当。彼女は以前より交際している実業家のマイケル・ポランスキーと一緒に手をつなぎながらホワイトハウスに登場した。

白いコートに身を包んで登場したガガだが、国歌斉唱本番では黒のトップスに赤のスカートへと着替えクールな装いだ。この歴史に残る舞台で、彼女は笑顔で国歌を歌い感動を呼んだ。

彼女のファッションで注目を浴びたのは、胸につけていた巨大なブローチ。ゴールドでできたハトは平和を象徴しており、ハトがくわえているのは“オリーブの枝”だ。このオリーブの枝は「和解を申し出る」「仲直りをする」といった意味合いが古くからあり、ガガはブローチを使い、混沌としているアメリカ国民にメッセージを込めた。本人は「オリーブの枝を運んでいるハト。私たちがお互いのために平和を作れますように」とツイートしている。

彼女は就任式の前日、ツイッターにて「明日がすべてのアメリカ人にとって平和な日になるよう祈ります。憎悪ではなく、愛の日に。恐れではなく受容の日。国として未来の喜びを夢見られる日。非暴力的で、私たちの心に安全をもたらす夢。愛を、首都から」と投稿している。

この就任式ではガガのほかに、プエルトリコ系アメリカ人のジェニファー・ロペスもパフォーマンスを披露。また22歳で黒人奴隷のルーツを持つ詩人アマンダ・ゴーマンが自作の詩を読み上げ注目を集めた。

ドナルド・トランプ大統領

次期大統領ジョー・バイデンの就任式を欠席すると発表したドナルド・トランプ米大統領、大統領職最後の時間はどうやって過ごす・・? 情報筋「トランプ氏は〇〇に行きます」

2021年1月19日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、ジョー・バイデン大統領就任式でアメリカ国歌斉唱することが決定! ジェニファー・ロペスもパフォーマンスを披露

2021年1月15日
ジョー・バイデンと、愛犬メジャー

アメリカ大統領選に勝利したジョー・バイデンの飼い犬メジャー、歴代初の保護施設出身“ファーストドッグ”に

2020年11月10日
レディー・ガガと、父ジョー・ジャーマノッタ

ジョー・バイデン支持のレディー・ガガ、しかし父親は堂々とドナルド・トランプ支持! そのツイートが話題に

2020年11月6日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、ジョー・バイデン候補の集会に登場&パフォーマンスを披露! 「自分の人生がかかっていると思って投票を」[動画あり]

2020年11月3日
tvgrooveをフォロー!