セレーナ・ゴメス、再びフェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグに公開説教! 「なぜこんなことが起こり続けているの?」と怒った理由とは・・

セレーナ・ゴメス
セレーナ・ゴメス

人気歌手/女優のセレーナ・ゴメスが、フェイスブック社CEOのマーク・ザッカーバーグらを名指しして再び批判している。

日本時間2月12日、セレーナ・ゴメスは、あるツイートを引用した。そのツイートは、新型コロナウイルスとそのワクチンに関する誤った情報を広めたロバート・F・ケネディ・ジュニア、そしてデル・ビッグツリーのアカウントをフェイスブック社の傘下であるインスタグラムが停止したが、一方で彼らの組織である「Children's Health Defense」と「ICNA」はまだ運用されていることを指摘。根絶できていないフェイスブック社を批判した。

これをセレーナが引用リツイートする形で「フェイスブックには新型コロナウイルスに関する誤った情報がありすぎる。これはさらに多くの人々の死につながるでしょう。マーク・ザッカーバーグとシェリル・サンドバーグ、なぜこのようなことが起こり続けるのですか?」と名指しでバッシングした。

セレーナがフェイスブック社をバッシングするのは、なんと5度目のこと。1度目は去年の9月、「フェイスブックとインスタグラムは、憎悪、誤報、人種差別、偏見を広めるために使用されています」とマーク・ザッカーバーグらに送ったDMを公開。

また12月には、フェイスブックやインスタグラムで人種差別主義者向けの製品を販売しているアカウントがあることを指摘。2度目も同じ月に、フェイスブックが新型コロナウイルスやワクチンに関するウソの情報を広めていることを指摘。その後もアメリカの国会議事堂暴動事件で、SNSが憎悪のプラットフォームとして使われていることをコメントした。

まだまだ管理のあまいフェイスブック。世界的影響力のありセレーナの発信で今後もっと改善してくれることを願いたい。

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、誤情報を広めたとするフェイスブックをバッシングした経緯を語る「私は指摘することを恐れなかった」

2021年1月18日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、アメリカの国会議事堂暴動事件を受け、各SNSのCEOたちにメッセージ 「プラットフォームを憎悪を抱く人たちに使わせた結果なのです」

2021年1月9日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、facebookが新型コロナウイルスに関する誤った情報を広めたとして怒りのコメント! 「ウソの情報は人の命を犠牲にする」

2020年12月31日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、フェイスブックやインスタグラムにヘイトを排除するよう訴える! 「いつになったらこのヘイトを排除してくれるの」

2020年12月4日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグに直接連絡し重要なメッセージを訴えかける! 「フェイスブックとインスタグラムは差別や偏見を広めるために使われている」

2020年9月22日
tvgrooveをフォロー!