セレーナ・ゴメス、フェイスブックやインスタグラムにヘイトを排除するよう訴える! 「いつになったらこのヘイトを排除してくれるの」

セレーナ・ゴメス
セレーナ・ゴメス

歌手のセレーナ・ゴメスが12月2日、ツイッターを更新。ロンドンの非営利団体デジタルヘイト対策センター(CCDH)が発信した2件のツイートをリツイートした。CDDHは、有害とされるデジタルコンテンツを排除するための活動をしている団体だ。

CCDHは先月23日、フェイスブックやインスタグラムで人種差別主義者向けの製品を販売しているアカウントを、ツイッターで公開していた。ツイート内では「フェイスブックは、3日前に警告されたにもかかわらず、以前このネオナチ(ナチスの思想を復興させようとする団体)を放置している」と訴えていた。

このツイートにセレーナ・ゴメスが反応。「もう言葉がないわ。フェイスブック、インスタグラム。あなたたちはいつになったらこのヘイトを排除してくれるの。あんなに警告されていても、残っているアカウントはまだあるわよ」とツイートした。

セレーナがインターネット上のヘイトについて訴えたのは、これが初めてではない。今年9月には、インスタグラムのストーリーズ機能にて彼女がフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグらに対して送ったダイレクトメッセージを公開していた。

セレーナはメッセージのなかで、「フェイスブックとインスタグラムはかつて、間違った情報や人種差別、偏見に満ちた内容を放置していました。マーク・ザッカーバーグさんたちには、どうかこれを止めてほしい。このようなヘイトスピーチを発信し続けるグループやユーザーのアカウントは、排除していただきたいのです。私たちの未来はそこにかかっています」とつづっていた。

また米大統領選に関して、人々に投票をうながす活動も行っていたセレーナは、このメッセージの中でSNS上に投票に関する誤った情報が溢れていることも訴えていた。

セレーナ・ゴメスとジミー・バトラー

セレーナ・ゴメス、噂のジミー・バトラーとは「数回デートしただけ」! 「選択肢をオープンにしている」彼女のリアルな状況を関係者が語る

2020年12月2日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、腎臓移植をネタにした番組に対し「嫌がらせであり気分が悪い」! 関係者が明かす彼女の心境とは

2020年12月2日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、メキシコ版Vogueの表紙で神々しいドレス姿を披露! メキシコ系である自身のルーツも語る[動画あり]

2020年12月1日
セレーナ・ゴメス(左)、ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメスと連絡を再開? 一方でセレーナはバスケ選手との交際説がより深まる

2020年12月1日
腎臓移植手術をしたフランシア・ライサ(左)とセレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメスの腎臓移植をネタにした人気ドラマが炎上! 配信側が謝罪、提供したフランシア・ライサもコメント

2020年12月1日
tvgrooveをフォロー!