フランスのエレクトロニック音楽デュオ ダフト・パンクが結成28年で解散へ 最後に公開した動画の内容にファンたちに衝撃が走る・・!?[動画あり]

ダフト・パンク
ダフト・パンク

フランスのエレクトロニック・ミュージックデュオのダフト・パンクが、結成から28年で解散することを発表した。

ダフト・パンクは、1993年にギ=マニュエル・ド・オメン=クリストとトーマ・バンガルテルによって結成され、ファンクやテクノ、ディスコ、ロック、シンセポップ、ハウスの要素を融合させた音楽で成功を収めた。これまでに「One More Time」、「Robot Rock」、「Get Lucky」など数々のヒット曲を世に送り出してきた。

そんなダフト・パンクであったが、2月22日(月)、物語の結末を意味する「エピローグ」というタイトルの動画を公開。結成から28年で解散することを発表した。

【動画】Daft Punk - Epilogue

8分の動画では、ギ=マニュエルとトーマが一緒に風の強い砂漠を歩いている。しかし途中でトーマが歩くのをやめ、うつむいてしまう。それに気づき、ギ=マニュエルが駆け寄り、トーマの背中のボタンを押すことに。トーマはそこから離れ、背中の装置の数字が0になると、なんとそのまま爆発してしまったのだ。その後画面には「1993-2021」と、結成から解散までの数字が表示され、夕日に向かってそのままギ=マニュエルが歩いていくのであった。

解散の理由は明らかになっておらず、また今後それぞれソロ活動があるかについても不明だ。長年ダンスミュージックで多大なる影響を与えたダフト・パンクの突然の解散に多くのミュージシャン、そしてファンたちがショックを受けているが、それと同時に彼らのこれまでの功績を称えている。

イン・シンク

ジャスティン・ティンバーレイク、イン・シンク解散は全然驚かなかった? その理由を明かす

2020年10月6日
ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーが告白! 「ビートルズの解散については、世間に大きな誤解がある」 さらにジョン・レノンとの確執のウワサについても語る

2020年8月6日

「ストレンジャー・シングス」フィン・ヴォルフハルトが所属するバンドが解散へ! 最後のメッセージが公開

2019年11月14日
ジョナス・ブラザーズ

ジョナス・ブラザーズ、解散当時は再結成なんて考えられなかった! 当時を赤裸々に振り返る

2019年5月31日
tvgrooveをフォロー!