米アンソニー・ファウチ博士、「2022年が終わるまでマスク必要の可能性ある」 いったいいつ頃から「普通」に戻れる?

アンソニー・ファウチ
アンソニー・ファウチ

医師で免疫学者のアンソニー・ファウチ氏(80)が、来年もマスクが必須になる可能性があると指摘した。

アンソニー・ファウチ博士はアメリカの医師、免疫学者。2020年1月からは、アメリカにおける新型コロナウィルス・パンデミックに対処するホワイトハウス・コロナウィルス・タスクフォースの主要メンバーとして活躍しており、アメリカ人にとってはおなじみの顔だ。

ファウチ氏は先日、CNNの「State of the Union」に出演し、現在のコロナウィルスの現実を語り、「2022年もマスクが必須となる可能性はある」と発言した。

さらに「もし感染者数がかなり下がり、それをベースラインに保てたら脅威ではなくなる。でもゼロになることは決してないでしょう。それでも感染者と触れ合う危険性を最小限にすることはできる」と、今後感染者の恐れはゼロになることはないと語ったファウチ氏。

「国のほとんどの人がワクチンを接種し、コミュニティの中でコロナに感染する人数をかなり低くできれるようになれば、その時はおおむねマスクはしなくていいと言える状態になるでしょう」と、マスクをしない社会になるためにはほとんどの人がワクチンを接種する必要があるとも明かした。

しかし今年の秋冬には、ある程度の日常を取り戻せるだろうとも語ったファウチ氏。「大部分で普通と呼べる生活になるでしょう。今年の秋と冬には・・・。前の日常に近づいていく」と、ワクチンの接種が開始することにより事態が落ち着きだすだろう」話した。

コロナウィルスにより、日常がことごとく崩れた2020年。来年はぜひとも“普通”の生活に戻りたいところだ。

左からアンウォー・ハディッド、オリヴィア・ニュートン・ジョン、オフセット

新型コロナウイルスのワクチンを拒否! 接種しないと明言したセレブ3人を紹介 「ワクチンを信用していない!」と言ったあの人気セレブとは・・

2021年2月4日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、実は新型コロナウイルスのパンデミックのなか、親戚が重病で入院していたことを告白! 「正直泣きそうです・・」

2021年2月4日
サラ・ジェシカ・パーカー

サラ・ジェシカ・パーカー、SATC新ドラマ「AND JUST LIKE THAT…」では新型コロナウイルスもストーリーの一部になると明かす

2021年2月2日

中国当局、新型コロナウイルス新たな検査方法を展開! なんと肛門から・・[画像あり]

2021年2月1日
ラリー・キング

アメリカの人気司会者ラリー・キング、87歳で死去 新型コロナウイルス感染による合併症で入院していた

2021年1月24日

 

tvgrooveをフォロー!