ジャレッド・レト演じるジョーカーの新しいイメージが公開!イエス・キリストの模倣で物議を醸す[写真あり]

ジャレッド・レト / ジョーカー
ジャレッド・レト / ジョーカー

今年、HBO Maxでリリースされるザック・スナイダー監督版『ジャスティス・リーグ』。本作の最新イメージで、イエス・キリストのポーズをとっているジャレッド・レト演じるジョーカーの姿が公開された。米大手映画サイトScreen Rantは、「物議を醸すこと間違いない」と報じている。

もうすぐ公開される『ジャスティス・リーグ』の“スナイダー・カット”。スナイダー監督は2017年に家族の悲劇によって、途中で『ジャスティス・リーグ』のプロジェクトから離れた。原因は娘の自殺だったことがのちに報道され、その後、『ジャスティス・リーグ』を完成させるため、ジョス・ウェドン監督が後任となった。しかし公開と同時にウェドン監督の作品に異議を唱えるファンも現れた。その後、スナイダー・カット版の公開を支持する声が上がり、ザック・スナイダー・カット版『ジャスティス・リーグ』の公開が決定した。

ファンの期待が高まる中、ジャレッド・レトが演じるジョーカーの新たなイメージが、Vanity Fairの記事の中で公開された。モノクロのイメージであるが、イエス・キリストの芸術的な描写では見受けられるトゲの王冠をかぶっている。イエス・キリストを模倣していることでファンに衝撃が走った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thefilmagic(@thefilmagic)がシェアした投稿

この新たなイメージにネット上では「すごくクール、早く見たい!」と期待を寄せる声もある一方で、「別に信仰心が強いわけではないが、これは正しいことだと思わない。ジョーカーとイエス・キリストを比べるなんて・・・」「超えてはいけない線を超えたね、最悪だよ」「ちょっと行き過ぎじゃない?」と批判の声も上がっている。

『スーサイド・スクワッド』

ジャレッド・レト、『スーサイド・スクワッド』撮影中にマーゴット・ロビーに死んだネズミを送ったというウワサを完全否定!彼が実際送っていたものが超キュートだった

2021年2月15日
『ジャスティス・リーグ』インスタグラムより

ザック・スナイダーはなぜ2017年に『ジャスティス・リーグ』を去ったのか

2021年1月27日
『アーミー・オブ・ザ・デッド』

ザック・スナイダーが贈る壮大なゾンビ・プロジェクト!『アーミー・オブ・ザ・デッド』の場面写真が解禁[写真あり]

2021年1月8日
ジャレッド・レト

ジャレッド・レト、役に深いところまで入り込む“メゾット・アクター”と呼ばれることについてコメント「その言葉を評価しているけど…」

2021年1月4日
『 アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』マティアス・シュヴァイクホファー&ザック・スナイダー

ザック・スナイダーが贈るゾンビプロジェクト『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』、前日譚映画&アニメシリーズ製作決定

2020年9月4日
tvgrooveをフォロー!