Spotify、数百組ものK-POPアーティストがプラットフォームから削除される いったいなぜ・・・?

IU(左)、TABLO(EPIK HIGH)
IU(左)、TABLO(EPIK HIGH)

音楽ストリーミングサービスのSpotifyから、いくつかのK-POPアーティストや楽曲が取り除かれたこと明らかとなった。

Spotifyは、2020年2月1日に韓国で正式にサービスが開始。しかしSpotifyと、韓国の人気音楽配信サービス「MelOn」の運営、音源流通を行う会社KakaoMとのライセンス契約が2021年3月1日で切れてしまったため、同日より特定のK-POPアーティストや楽曲をSpotifyで聞くことが不可能になってしまった。

Spotifyの代理人がNMEに寄せた声明では、「この1年半の、KakaoMとグローバルなライセンス契約を更新するためにつとめました。アーティストの音楽を、3億4500万人以上いるSpotifyリスナーに引き続き届けるためにです。しかし我々の努力とは反対に、KakaoMとの契約は終了することとなりました」と、契約終了を認めた。

さらに「契約更新に至らなかったことは、KakaoMが版権を持っているアーティストたちにとって、また世界中のファンやリスナーにとってとても残念なことです。この混乱が一時的なものであること、そして迅速な問題解決を願っています。今後もKakaoMを含む権利所有者と話し合い、韓国の音楽市場が成長する手助けをしたいです」と、今後も改善していく姿勢を見せた。

この件により、KakaoMが版権を所有しているK-POPアーティストのIU、Cherry Bullet、Cravity、GFriend、MAMAMOO、CLなどその他数百組が影響を受けているといわれている。

また楽曲の一部が削除されたSEVENTEENのファンアカウントが調査した統計によると、Spotifyから削除された後に同グループのストリーミング回数は約10億回も減少してしまった計算になるという。

一方でSMYG、JYP、BigHit Entertainmentに所属しているアーティストたちの楽曲はSpotifyから削除されるなどの影響は受けていない。

Spotifyから削除されたK-POPアーティストたち(一部)

BTS(防弾少年団)

BTSに続くモンスターグループ誕生なるか? BTSのレーベル会社とユニバーサル・ミュージックがタッグを組んでオーディション番組を開催へ

2021年2月19日
SEVENTEENのディノと、アリアナ・グランデ

人気K-POPグループ SEVENTEENのディノ、アリアナ・グランデの「ポジションズ」に合わせてキレッキレのダンスを披露[動画あり]

2021年2月2日
BTSのVと、ジャスティン・ビーバー

BTSのVが、なんとジャスティン・ビーバーの楽曲「ホーリー」を少しだけ披露! 「天使のような歌声」と話題に[動画あり]

2021年1月27日
ビリー・アイリッシュ(左)、BLACKPINKのリサ

あなたもマネできる! ビリー・アイリッシュ、BLACKPINKリサなどセレブが愛用する「日本のマンガ風」ブランドがかっこいいと話題[写真あり]

2020年12月10日
BTSと、ワン・ダイレクション

「BTS」がついに「ワン・ダイレクション」のあの記録を追い抜く! K-POPの圧倒的な勢いに「1D」はどうなる…?

2020年6月29日
tvgrooveをフォロー!