千葉県知事選立候補の河合悠祐氏が、「日本のジョーカー」として世界のメディアで取り上げられる事態に 海外のネットユーザーたちの反応とは・・

河合悠祐氏
河合悠祐氏

千葉県知事選立候補の河合悠祐氏が、映画『ジョーカー』のようなメイクで政見放送に登場したことから、海外のメディアにも取り上げられている。

千葉県の都知事選(3月21日投開票)の政見放送が連日物議をかもしている。立候補者たちのネタ見せ場のようになっている放送で、3月9日、「千葉県全体を夢と魔法の国にする党」代表の河合悠祐氏が、なんとピエロのようなメイクに赤いジャケットで登場した。

河合悠祐氏は、YouTuber、経営者であり、立候補における主な公約、政策は、ディズニーランドへ無料で行けるようにすること、千葉県全体をテーマパークにすること、ゴミという言葉を廃止し「星のかけら」という言葉にすること、男女差別やLGBTQ問題をなくすといったもので、また新型コロナウイルスは「ただの風ではない」としている。また河合氏はメイクが趣味だと明かしている。

彼の政策よりも彼のメイクに世界的にも注目が集まり、海外メディアは、ホアキン・フェニックス主演の映画『ジョーカー』のようだと表現。ジャケットが赤いのもまさに映画の衣装をイメージしているように感じる。

河合氏はメイクと衣装にもメッセージを込めており、「ピエロは一種のダークヒーローなので、大衆の支持を得ることができるだろうという印象を受けました」としている。

これが海外メディアに「日本のジョーカー」と取り上げられると、海外のネットユーザーたちは「これはおもしろい」「ぼくも投票しようかな」「正直な政治家かもしれない」「映画とはちがって無神経なジョーカー」とネタとしてコメントしている。またメイクがジョーカーにそっくりにしていないのは、著作権を気にしているのではないかとも推測されている。

【動画】【NHK版】政見放送 千葉県知事選 河合ゆうすけ フル

 

tvgrooveをフォロー!